FC2ブログ
追憶 19
2015-12-14 Mon 20:30


二人の呟きをイメージしています
一話完結、不定期更新です
実在の人物とは一切関係ありません
ご了承ください


〈拍手コメントの御礼〉

tait**様

いつもありがとうございます♡
いえいえ、こちらこそいつも嬉しいお言葉を頂いて本当に感謝しております

お友達の方にtait**様が呼ばれている呼び方にめちゃめちゃウケてしまいました(笑)私もぜひ仲間にしてください!二人で組合を守りましょう!

記事の一番下にある「コメントを書く」という所も、非公開でコメントを入れて頂けます♡そこに入れて頂ければ、ダイレクトにお返しさせて頂けるので、もしよければぜひぜひ(^^)





side C



ユノヒョン…
ユノぉ~



だからぁ
ライブでそういうのはダメですってば!!



またビギ達に
拍手じゃなくって〈ヒューヒュー♡〉って冷やかされちゃいますよ



それというのも



今回のライブで歌うある曲の時



〈頑張っていよう もう一度覚めない夢を
君と見たいよ 覚悟は決めているだろう?〉



という歌詞があるんだけれど



〈君と俺の見たいよ〉の時に、僕が歌いながら意識してユノヒョンを見たら



ユノヒョンったら
僕を指差して歌ってたんだ…



デュフ♡



やだなぁ~ユノったら
毎晩覚めない夢を一緒に見てるじゃない



それに覚悟は決めているだろう?って…
僕はこの前もちゃんと言ったでしょ?



「呼吸をしている限り、東方神起でいたい」って



あれは、ユノヒョンが言ってくれた



『未来にチャンミンを連れて行く。チャンミンの意思は問わない』



っていう、ユノヒョンらしい強引なプロポーズの様な言葉に応えたんだけれどね



僕はユノヒョンから永遠に離れない!っていう意味だったんだけど…ヒョンわかってるかな?
ユノヒョンって割とニブチンだからなぁ…心配



って、ヤダ!僕ったらプロポーズだなんて!



デュフ♡



それに他の曲の時だって



〈あの日出会えなければ こんな気持ち知らずに〉



っていう時も、歌いながらつい昔を思い出しちゃってユノヒョンを見たら、またバッチリ目が合っちゃって…



んもぅ…ユノったら
もしかしたら同じこと思ってた?



僕はあの時
宿舎であなたに会わなければ



たった一人の人を愛している、心から愛おしいと思う気持ちは



きっと知らずにいただろうって思ってる



ユノヒョン…
ユノ…
大好きだよ



でもさ



〈I love you,so I love you
I love you 言葉じゃなくても〉



の時にさ
ずっと僕を見るのやめて…



あんまり目が合っちゃって恥ずかしいから
僕、ずっと目を閉じて歌わなきゃいけない羽目になっちゃったよ



嫌なんだってば!ブスになっちゃうから!!



とにかく!!
ユノヒョンは僕を見過ぎなの!



僕も人のこと言えないけどさ…



お互いの事ばかり見て歌ってるから
〈Wedding Dress 〉が終わって二人で向かい合うとき、ビギ達が拍手よりも大きな声でヒューヒューって言うんですよ



いいですか?
ビギ達の言ってるヒューヒューの後に
ハートマークがたくさん付いてるんです



もうこれ



絶対にバレてるだろぉぉぉ!!!





ランキングに参加しております
ポチッと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
別窓 | 追憶 | コメント:12 | ∧top | under∨
追憶 18
2015-12-10 Thu 20:30


二人の呟きをイメージしています
一話完結、不定期更新です
実在の人物とは一切関係ありません
ご了承ください


〈拍手コメントの御礼〉

tait**様

いつもコメントありがとうございます♡
私の方こそコメントを拝見する度に元気をチャージさせて頂いております!!
この頃のチャンミンは、もうビギなんかそっちのけで盛大にデレていましたよね
楽屋のシーンは…もはや隠しきれないダダ漏れでございました。ごちそうさまです(笑)




side C



ツアーは順調に進んでいた
そんな僕はというと



宿舎での24時間ドキドキタイムは無いものの
宿泊先のホテルはヒョンと一緒だから
どっちにしても24時間ドキドキタイムなんだけどね



昨日もホテルの部屋で
見るテレビ番組で揉めたりしつつも結局は



「ごめんね、ヒョン」
『いや、俺が悪い。ごめんチャンミナ』


「ううん、僕が」
『違うって、俺が』


「許してヒョン♡」
『チャンミナ可愛いィ~♡』



なんて、すったもんだがあったんだけどね~



そういえば前に何かのインタビューで



「ユノが見ている映画の音がうるさくて、全然眠れなかったんです。あ、隣の部屋の」



なんて言っちゃって



とってつけたように「隣の部屋の」と言ったものの、ユノが見ているのが映画だっていう事自体、画面を見なきゃ分からない話で



ダブルベッドの上で眠たい僕をそっちのけで
パソコンで映画を見ていたユノヒョンの話だったわけだけども



ほんと僕ったら、何気なく普段の生活をぽろっと言っちゃうんだ



ほら、幸せなカップルってさ
自分たちの幸せを誰かに聞いてもらいたくて仕方ないじゃない?それだよ、それ



そんなことはさておき



今日はステージで、僕らのステージを盛り立ててくれているダンサーさんの話になって



ダンサーさん同士二人が結婚して、もう一年が経ったって聞いたら、なんとなく僕も気になっちゃって



「ねぇ、愛の賞味期限はどれくらい?」



って、ここがステージだっていうのを忘れてユノヒョンを見つめながら、思わず聞いちゃったんだ



ユノヒョンはそんな僕に一瞬目を丸くしてびっくりしてたみたいだけど、すぐその目を三日月のように優しく細めてから



『ん~~コレは言うとヤバいかなぁ~?5年以上いったら…うん危ないよ?ニャハハ』



なんて、僕だけにわかる目線を見せる



デュフ♡



僕たちはその年数すらものともしないラブラブ状態ですからね



一時、お互いがお互いを見失った時もあったけれど、僕とヒョンはその年数に近づいても全く揺るがない関係になってるんですから



冷めるどころか…
僕はますますユノヒョンが大好きだし
ユノヒョンも僕を絶賛溺愛中だし



デュフ♡



あっ…いけないいけない
ビギ達が話が見えなくて無反応になってる



「ごめんなさい、二人だけの個人的な話になっちゃって…♡」



よし…ちょっとユノヒョンにハートマークが飛んじゃったけど、ビギ達にちゃんと謝ったからとりあえず良しとしよう



いつも僕だけにしかわからない二人だけのサインを送ってくるヒョン
そんなユノヒョンが何だか可愛くって



ヒョンを残してステージから捌ける演出の時、僕も思わずギリギリまで残って両手でバイバイしちゃった



チャンミンっていっつも真っ先にステージから居なくなるってビギ達には文句言われるから



「早く楽屋に戻って一人になりたいし休みたいしトイレにも行きたいし」



ってもっともらしい言い訳してるけど
ごめんね、ユノヒョンに合図送るために、実はギリギリまで残ってたりもするんだよ



暗転してたから油断してたけど
まさか、ステージサイド席のビギに見られていたとは…



マネヒョンに〈ユノにだけじゃなく、ビギにもちゃんとバイバイしなきゃマズイって〉って後から怒られちゃった…



暗視用ゴーグルでも持ってきてんのかよぉぉ~
そんな報告呟くなよぉぉ~
なんでこんなにリツィートされてんだよぉぉ~



ごめんなさい、ビギストの皆さん…
でもやっぱり、僕はステージから一番に捌けまーす



だって楽屋に戻って、ユノヒョンのお世話の準備があるんだもーん






ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
別窓 | 追憶 | コメント:4 | ∧top | under∨
追憶 17
2015-12-07 Mon 20:30


二人の呟きをイメージしています
一話完結、不定期更新です
実在の人物とは一切関係ありません
ご了承ください


〈拍手コメントの御礼〉

tait**様

いつもコメントありがとうございます
悶えて頂けたのなら本望でございます(笑)嬉しいです♡デレトンメロヒョンですもんねぇ…もはやリーダーでもヒョンでもないただの嫁自慢旦那です…いいぞ!とことんヤレ~₊ヘ(= ̄∇ ̄)




side C



日本でのツアー真っ只中



回を追うごとに硬さが取れてきた気がするし、今回は僕も自分の意見を取り入れてもらったりで、格別な思いがする



アルバムタイトルのモチーフとなった曲では
壮大なテーマに合わせた雰囲気の衣装を作ってもらった



ステージが噴水の中に浮かび上がる演出の中
その衣装を纏って歌うのはすごくテンションがあがった



ちょっと丈が長くって
階段を昇るとき歩きずらいから
僕は、軽く裾をつまんで昇ったんだ



その時どうも生地が引っ張られて、お尻のラインがくっきりしちゃってたみたい…



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



今日も気持ちよく最後の曲を終えて、スタッフとハイタッチをしながら楽屋に戻る



僕はステージから捌けるのが早いから
必然的にユノヒョンが後から楽屋に戻るんだけど



いつも通り鍵を閉めて入ってきたユノヒョンに
なぜかスイッチが入っちゃってたんだ



何のスイッチかって?
そこを聞いちゃう?!



だから…ムラムラスイッチだってば…
言わせるなよ!恥ずかしい!!



ユノヒョンが
オス全開モードの目つきになってたんだ



何で分かるのかって?
そこまで聞いちゃう?



だから…
部屋で一緒にいる時、僕がお風呂上がりに持ってきたビールを落としちゃって



「アッっ」



って言ったら、ユノヒョンは一瞬でそんなモードに切り替わって



『何でそんな声出すんだよ…チャンミナァ!』



なんて言いながらタックルしてきて、僕を床に押し倒したりする時にね、そういう目つきになってるの



って…話が脱線したよ



楽屋でユノヒョンがそんな目つきになるのは、ほんとヤバイんだって!



案の定今日も僕は汗だくの体を早くシャワーで流したいのに、ヒョンの長くてきれいな指の餌食になっちゃって…



もしここにサムさんとか誰か来たらヤバイでしょ?



この間もさ
本国でのカムバックの時、テレビ番組の収録中にたまたま楽屋でユノヒョンのスイッチが入りかけた



ほんと些細なことだったんだ
テーブルの塗装が剥がれた所に僕が指を引っ掛けて、擦りむいちゃったんだけど



「痛ぁ~い!」ってティッシュで押さえてたら隣に座ってたユノヒョンが慌てて



『チャンミナ大丈夫?ヒョンに見せて?』って言いながら、僕の指をちゅぱって咥えちゃって



「ちょっと!やめてってば!誰か来たらどうすんの!」



僕が慌ててヒョンの口から指を引き抜こうとした瞬間、楽屋のドアがノックされた



僕らのスタッフだったら必ず前以て携帯を鳴らすか、ノックしてから数分の間をおいてドアを開けるのが社則になってるから、そうしてくれるけど



この時は、司会を務める新進気鋭の人気俳優ウビン君のカメラを引き連れての突撃だったんだもんで



ノックから間髪入れずにドアが開いた










僕も口から心臓が飛び出るくらいびっくりしたけれど、僕の指を咥えてたヒョンはもっと驚いたみたいで



その場で立ち上がって迎えればいいものを…



完全に動揺しちゃったヒョンは慌ててウビン君の所に行こうとして、よろめいた挙句、テーブルを曲がりきれずぶつかっちゃって



僕、思わず笑っちゃった
だってさ、こんな慌てるユノヒョンなんか、滅多に見られないからね



ユノヒョンはいつだって
カッコよくてセクシーで
いつだって僕の隣で絵のようにキマってるから…



そんなことがあったから
これで楽屋でユノヒョンがオス全開モードになる事はないって思ってたのに…



「ヒョン…ぅん…何でこんな…んはぁ♡」



『チャンミンが悪いの。俺の前でお尻のライン見せつけるんだもん…』



「…それだけ?」



『それだけで十分ヤバイの!』



ユノヒョン…
僕はヒョンの前で怪我も出来ないし、お尻が目立つような衣装も着れませんね…



全く…
あなたって人は…
ほんとにエロヒョンです!!!





ランキングに参加しております
ポチッと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
別窓 | 追憶 | コメント:6 | ∧top | under∨
追憶 16
2015-12-05 Sat 20:30


二人の呟きをイメージしています
一話完結、不定期更新です
よろしければお付き合いください


〈拍手コメントの御礼〉

tait**様

いつもありがとうございます♡
本当に励みになっています…嬉しいです

ビギはいっつも置いてけぼりで、二人だけわちゃわちゃ楽しそうにして、ぽかーんとなる事もしょっちゅうですが、それが喜びになっている時点で私たち…けっこうヤバいですよね(笑)





side Y



今回の日本でのツアー



各地のアリーナクラスの会場で
着々と回数を重ねていた



やっぱりドームも格別だけれど
アリーナクラスの会場は、お客さんを近くに感じて嬉しい気持ちになる



でも…



その分…



何ていうのかな…



俺たちを見る
ビギ達の目がさ…
白~い眼になってるのがわかるんだよ



っていうのもさ
もう何度も言ってると思うんだけど



今年になって俺の可愛い恋人が
以前にも増してキレイになっているだけでなく
俺に対しても、甘えん坊になってきていて



ステージの上であの可愛いバンビアイで俺を見る時も、その眼にはハートマークが浮かんでいる気がしちゃって



俺も目が三日月みたいになってニヤけちゃうんだ



それだけならまだしも
そんな可愛い顔をして
MCの時に駄々をこねるかのように



「ママ~早く帰りたいっす」



って言いながら、俺の腕を掴んでゆらゆらさせてきて…俺が内心ドキドキしながらも、スルーしていると



「ねぇ~~~早く帰りたいよぉぉ~~」



ってほっぺた膨らませて、俺の二の腕をぷにぷにするもんだから…



もうMCで話す内容なんてスッ飛んじゃって
思わず、中途半端に切り上げて引っ込んじゃった



俺ともあろうものが…
東方神起のリーダー、ユンホが…



恋人との赤ちゃんプレイを連想しちゃって動揺しているとビギ達にバレたら…ヤバすぎるのぅ!!



だってさ、もうホントに何度も繰り返して言っちゃうんだけど



チャンミンが可愛くて可愛くて仕方ないんだよ



ツアーのために早々に日本入りをした後も
宿舎では四六時中チャンミンにデレまくってて



ソファーでウトウトしているチャンミンに
俺に風邪ひくからダメです!って言う割に、自分も寝ちゃってるじゃん…と思いながら



『大きな赤ちゃんが寝てましゅね~ダメでしゅよぉ~!ママがお仕置きしちゃいま~す』



なんて言いながら、うつ伏せで寝ているチャンミンのスウェットパンツを下ろして小さなお尻にイタズラしちゃったりしているから



ステージでも、チャンミンのそんな子供みたいな発言に、めちゃくちゃ動揺しちゃうんだってば



はぁ…
ほんと可愛いすぎてやばいって



自分の目がさ
チャンミンの事を見ている目が



マンネを見守る目というより
…すっごいエロい目になってる気がするのぅ



ステージ始まる前も、楽屋でチャンミンが俺に甘えて腕をぷにぷにするから



仕返しとばかりに、ついチャンミンの腕に甘噛みしちゃって



「ちょっと!!腕に歯型ついてますよ!二の腕出す衣装いっぱいあるっていうのに!」



って怒られちゃった
でも多分大丈夫



そんなアップでもビギ達わかんないよ
そもそも俺がチャンミンの腕を噛むなんて、全く想像外の行為だろう?



いやはや…それにしても
最近のチャンミンには
すっかり振り回されてる俺です



昔からわがままマンネに振り回されてたけど
あの時は俺が睨みつけただけで、チャンミンを抑える事が出来た



今のチャンミンを
もう俺、抑えること出来ないな



上目遣いでおねだりされれば
ベッドの上で色んな事をおねだりされる事を思い出し



腕をぷにぷにされれば
宿舎のソファーに座っている時に、いつの間にかテレビそっちのけでいちゃいちゃしてる事を思い出し



もうさ
可愛いあいつにそうインプットされちゃったんだな、俺が



ずるいな、チャンミン
お前のその可愛いさって…



すごい武器だわ



こうやってチャンミンに調教されてんのかな



あーーどうにかしたい!
チャンミンに鼻の下を伸ばしまくってる東方神起のデレデレリーダーって大丈夫なの?



クッソ~
チャンミンのやつ…



ライブの時だけでも、せめて俺にビーム出すのやめてくれ!!!俺にカッコいいユンホで居させてくれってば!!!



頼むよぉぉー






おまけ



side Bigeast



ビギA「チャンミンの肩に歯型キタ━(゚∀゚)━!」

ビギB「赤ちゃんプレイキタ━(゚∀゚)━!」

ビギA「ちょっと最近の二人って…どんどんアブノーマルプレイにハマっていってるのかしら」

ビギB「つき合って数年でしょうから…そんな頃なんじゃない?」

ビギA「マンネリ脱出…参考にしようかしら…」

ビギB「……どうぞご自由に……」






ランキングに参加しております
ポチッと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
別窓 | 追憶 | コメント:4 | ∧top | under∨
追憶 15
2015-12-03 Thu 20:30


二人の呟きをイメージしています
一話完結、不定期更新です
よろしければお付き合いください


〈拍手コメントの御礼〉

tait**様

コメントありがとうございます♡
色々考えちゃいますよね~でへへ…
そんな時が一番幸せだったりしちゃうんです

何の汚れですかね…ぐふふ♡
『チャンミン~見てぇ』「ちょぉぉ!バカですか?!早くしまえ!」って感じかなぁ





side C



日本でのツアーが始まった



僕はいつになくご機嫌だ
何でって?それを聞いちゃう?



ヒョンとずっと一緒だからに決まってるでしょ
ほんと今更だよ…うんうん



本国でのカムバックも成功裏に終わり
その後は、日本でのツアーのために早々に日本入りして準備をしていた僕たち



宿舎でのヒョンとの生活…



24時間!!ですよ?
朝から晩まで!ずっとユノと一緒です



デュフ♡



〈みんなのユノ〉だけど



ぶっちゃけて言うと



〈僕だけのユノ〉なんだよねぇぇ~



ごめんねぇぇ~ビギの皆さん



僕はね、もう隠すのやめたんです



だってヒョンも…僕に好き好きビームを出してくるんだもん



『今日のチャンミンは最初からすごくかっこよくて…ぽくひゃーてビックリしたんですよ。いつもかっこいいけど今日もかっこいいよ』



ステージでのMCで
いきなりこう言ったヒョン



デュフ♡



こんな時のヒョンは
ステージの上だっていうのに、僕の方に完全に身体を向けて話すから



そちら側のお客さんは、横顔すら見られずに
ヒョンの後頭部と、お尻ばっかり見る羽目になっちゃってるし…



ヒョンのお尻…
筋肉がついてる割に、触るとぷにゅっていう感触なんですよぉ~



かくいう僕も



完全にヒョンの方を向いて話しちゃうもんで
こちら側のお客さんは、僕の後頭部とお尻しか見てないんですよね…



僕のお尻…小さいでしょ?
こんな小さいお尻なのに、よくヒョンのあんな太くて、、、



って、おい!!何言わせるんですか?!おっ!



フゥ…危ないアブナイ…



ずいぶん話が脱線したけれど
ヒョンの好き好きビームを浴びまくったおかげで、僕も素直になれて



「ありがとうございます先生のおかげです…これからもずっと横でサポートします」



って言っちゃった



あなたの事を一生支えていきます♡



って旦那さんに言う奥さんみたいな事を言っちゃってビギから〈ヒューヒュー〉って洗礼を浴びても



全然気にしないもーん



前はビギから〈ヒューヒュー〉って冷やかされるのが恥ずかしくて、ステージ上でずいぶんヒョンに憎まれ口叩いたりもしたけれど



もう平気です!僕!



でもね、最後ステージでボール投げあったりふざけてたら、挨拶忘れそうになっちゃって



ヒョンにいきなり『ちゃんと挨拶するよ!』って腕を組まれたのにはびっくりしちゃったけどね



肩をポンと叩くだけでもいいのに
結局腕を組んで、そのまま挨拶しちゃった



デュフ♡



ビギの皆さん
ホントにごめんねぇぇ
僕たち、ラブラブでーす







ランキングに参加しております
ポチッと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
別窓 | 追憶 | コメント:6 | ∧top | under∨
BACK | HOME | NEXT