スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
渇欲 57
2017-05-04 Thu 21:00


このお話はフィクションです






「…ぃッ」



ベッドの上でチョン・ユンホに抱えられた時
前日に受けた傷に手が当たり、俺は小さく呻いた



『痛むか?明日医者を来させよう』



大した傷ではないけれど
そんな風に言うヤツの妙な優しさがくすぐったい



「いいって…こんな傷で往診なんかさせたら笑い者だよ」



そう言いながら
抱えられたままでヤツの厚い胸へ倒れこむ



この部屋で過ごす三日目の夜
三日という時間は、実際の日にち以上にお互いの距離を縮めていた気がする



ヤツの身体から香るボディーソープの匂いも
もう嗅ぎ慣れた匂いの様に思えて



包まれる温もりも
その心地よさを俺の身体が覚えてしまった様で
フレアと全力疾走して疲れた身体に、穏やかな入眠を促してくる



乙旺里の海岸にあるレストランでひとときの休息を楽しんだ俺たちは、再びヤツのマンションへと戻っていた



帰ってきて早々大きな荷物を抱えたセフンが現れて、俺をチラッと一瞥した後ヤツへ仰々しく頭を下げて帰って行った
その荷物は、真新しい衣服類だったんだけど



『お前にやる服が無くなった。
お前は細いから、俺のではだいぶ大きいと思ってな』



セフンはお前と体型が似てるから、自分に合う服をいくつか見繕って来るよう頼んだのだとヤツは続けた



『服を見てお前が一番欲しいと思った服はそのまま俺からのお礼だと思ってとっておいてくれ、と言ったら案外すんなり引き受けてくれた』



そう言って笑いながら荷物を広げるチョン・ユンホ



俺がセフンをおちょくった時、代表の事を悪く言うなと食ってかかった事を思い出した
きっとあの男は、チョン・ユンホを崇拝しているんだろう



「ご丁寧に新品の下着類まで入ってるけどさ、これじゃまるで、俺がこのままこの家に居着くみたいなんだけど」



広げられた荷物を見ながら口を尖らせる



『何だ。このまま居着きたいのか?
俺は時折、お前がこうして来た時の準備をしておいたつもりなんだが』



「なっ…!」



年がいくつも変わらないセフンはおちょくる事が出来ても
この男には、こんな風にあっさりからかわれてしまう



「居着かねーよ!フレアには会いに来るけどなっ」



俺はそう言って広げた荷物を一まとめにして、リビングで寛いでいるフレアの元へと逃げた



飼い主と同じ様な細面の顔にアーモンド型の目…
ヤツの目が黒曜石の様な色をしているのに対し、フレアは綺麗な琥珀色を瞳をしている



その目をキョトンとさせて抱きついた俺を見返すフレア
眠っているところを邪魔されたからか、長い足を伸ばして煩そうに俺を押し退ける



フレアのふわふわした毛の柔らかさが心地よくて
俺はしつこく隣に寝転び、フレアにまとわりついた



『フレアに嫌われるぞ。
彼に会いにくるんだったら、嫌われたら元も子もなくなる』



すぐ側まで来ていたチョン・ユンホに腕を引っ張られた



『フレアに嫌われたら、俺に会いにくればいいがな』



勘違いしてしまう様なヤツの甘い囁きは
海辺で与えられた優しいキスを思い出してしまう



見つめられるその目を逸らしてしまうのは
ヤツにとって俺がどんな存在なのかという事を
勘違いしてしまいそうになるからだ



「そりゃ会いにくるさ!あんたは俺のターゲットなんだからな!」



ヤツの胸を
さっきのフレアみたいに手を突っ張って押しのけて言う



そんな精一杯の強がりも



夕刻にやって来たプロの料理人によって作られた夕飯の美味しさと
ヤツが好きだと言う日本製のウィスキーの上品な酔いが



あっさり俺を陥落させてしまう



出張料理人に夕食を作ってもらうなんて、俺の人生においてある筈も無く
そんな些細なサプライズも俺に妙な高揚感を招いた



酔い覚ましにフレアと夜の散歩に出かけて
帰ってきた後、傷口に染みるお湯に顔をしかめながら広いバスタブに身体を沈めた俺は



今夜もこの男の腕の中に居る



『ターゲットと一緒にいる割には、全く質問もして来ないな?』



身体を交えた後
程よい疲労感でヤツの胸に抱かれていた俺へ、煙草に火をつけながらチョン・ユンホが言った



「相手を籠絡しようとして、手っ取り早くベッドに潜り込んだと思われたくないからな」



チンピラに乱暴され身体に傷を作りながら
今夜もヤツの与える快楽を余す事なく享受した俺が言う事じゃないかもしれないんだけど



『ほう。俺がお前の身体に翻弄されて秘密を吐露すると言うのか』



紫煙を燻らせながら、片手で俺を抱き寄せるチョン・ユンホ
その不遜な言い方にすら、大人の男という色香を色濃く滲ませている



「どうだろうな。俺に秘密をバラして記事にされたところで、きっとあんたは屁でもないだろうけどね」



口に咥えている煙草を奪い灰皿へ押し付ける
その代わりにヤツの唇に俺の舌をねじ込んだ



奥深い官能を与えられてもなお、ヤツを求めてしまう
俺が渇いていた物の全てを、この男によって潤わせて行く様に



「油断した所で一気にその首へ刃を突き立てるかもしれないよ?」



お互いの口腔内を存分に掻き回した後
その隙間から溢れる雫を舌で舐めとってから、ヤツへ告げる



『お前の標的にされるだけでなく、その恐ろしい刃を受けるのも悪くないな』



いや……
狂おしい程の情欲という刃を突き立てるのはあんただ
チョン・ユンホ……



「美人局って言うけどさ。男の場合は何て言うんだろうな?
俺の身体にのめり込むあんたに…ピロートークで秘密を話させるんだ…」



自分で話している言葉も夢か現か分からない
チョン・ユンホの腕の中で、俺は情交後の気怠さのまま眠りに落ちて行く



『ピロートークでか…お前の求める真実は、俺が話す事の中に存在するだろうか?』



チョン・ユンホのやや性急な口調が、耳に心地よい



「テミンが言ってた…ピロートークで聞き出せってさ…」



“高校生のくせにけしからんことを言う奴だ”



そう言ったチョン・ユンホの声は、俺の耳にはもう聞こえていなかったけれど
寝息を立て始めた事を確認することもなく、ヤツはゆっくりと話し始めた



チョン・ユンホには一回り年上の姉がいた事
テミンは、その姉の子供だという事



そして、その姉が
チョン・ユンホが唯一愛した女だったという事を







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 渇欲 | コメント:4 | ∧top | under∨
<<渇欲 58 | TVXQ 〜Vertigo〜 | 渇欲 56>>
この記事のコメント
なんですって!!( ✧Д✧) カッ!!
最後の最後に爆弾💣発言連発!!川;゚;Д;゚;川

ユノの年の離れた姉がユノの唯一愛した女性ですって( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

しかもその姉の子供がテミンですって( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!
お姉さんの子供だったのね( ̄□ ̄;)!!
くみを今回は全く予想出来なかったわ(; ・`д・´)

しかもお姉さんを愛してたんだね。゚(゚´Д`゚)゚。
切ないわ…(; • ̀д•́)
まぁ お金持ちは色々韓国あるあるの
事情があるから 小さい時に年の離れたお姉さんが
ユノに優しく接してくれたのかしらね…(; • ̀д•́)
ユノのお姉さんで
テミンのお母さんだったら めっちゃ美人のはずよね( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!間違いないわ( ✧Д✧) カッ!!

今日は ちょっと遠出して久しぶりに
沢山歩いたから 足が疲れたわ(¯―¯٥)

早速買ってきたお皿に盛りつけたら
料亭の味がした気がしたわ!!ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
2017-05-04 Thu 21:19 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
No title
ヽ(*゚∀゚*)ノすみを~!
ゲホゲホありをが来たわよ~(≧∇≦)

もうすっかり甘~い恋人同士じゃないのぉ♡(*´∀`*)人(*´∀`*)♡
うーん、、恋人っていうよりL'amantって方がしっくりくるかなぁ(o´艸`)
チャンミンの可愛い意地っ張りが堪んないわ( ✧Д✧) カッ!!
そんなチャンミンをあやす様に大人ユノが、これまた素敵だし( ✧Д✧) カッ!!

やっぱりユノはお姉さんを愛していたのね(இдஇ; )
そのお姉さんを失った事が、今のユノを作ったのかな(இдஇ; )
ユノとチャンミン、今は甘いひと時だけど、この先暴かれていく真実にどうなって行くのかドキ(*´ェ`*)ドキするわ
2017-05-04 Thu 21:30 | URL | Ali #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちは!
コメントありがとうございます(´∀`*)

GW真っ只中に来て頂いて嬉しいです♡
ってか、すみをは全部仕事だけれども(>_<;)
この二日は新人さんと二人だったから、いつもの倍働いた様な気分です( ノД`)

久しぶりに出かけてたくさん歩くと足が棒の様になるのよね!筋肉痛になってないかしら( ✧Д✧) カッ!!
翌日に出るなら若い証拠よ!
でも数日おいて痛くなったら...(≧з≦)プププ
東方神起のおかえりコンの時は足がガクガクになるわよ!きっと( ✧Д✧) カッ!!

すみを?すみをは座るから大丈夫(∩´∀`)∩

そうなのよ( ✧Д✧) カッ!!
ようやくここまできて、あちこちに置いた布石を回収する時まで来たわ…(T_T)

最初に考えていた構成をそのまま最後まで通して書いていくつもりですヽ(*´∀`)ノ
2017-05-05 Fri 16:21 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
こんにちは!
コメントありがとうございます(´∀`*)

風邪っぴきのありを...それなのに駆けつけてくれて本当にありがとう(T_T)

すみをはいつもGWは仕事だけれど、今年はやけに忙しかったわ…金持ちは海外にでも行けばいいのに( ノД`)
年とともに、疲労が抜けにくくなったのもあるのかしら(´・ω・`) ショボーン

ふふふ...やっぱりありをにはバレてたわ( ✧Д✧) カッ!!
韓国ドラマあるある、とは言わせないわ!
でもなんでそう思ったのか、今度こっそり教えてくれる?すみをの頭の中を覗かれたみたいで恥ずかしいわ(//∇//)

ありをの愛する純文学にそういう設定が多いのかしら...ううん、きっと双子だからだわね(♡ˊ艸ˋ)
2017-05-05 Fri 16:31 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。