夢現 ~耽溺 特別篇~
2017-04-20 Thu 12:00


このお話はフィクションです






大好きな人と思いが通じた僕は
どんなに仕事がきつくても、言い様のない充実感でいっぱいだった


最愛の人を得た事で僕は
今以上に仕事に打ち込むと宣言した
自分自身にも、恋人にも、社長のトゥギヒョンにも、マネージャーのキュヒョンにも…


でもさすがに、このところの分刻みの過密スケジュールは
気持ちだけはやる気があっても体が付いていかなくて、気づくと衣装を着たまま朝を迎えたりしていた


それでも、愛しい人の為に
僕は仕事へ向かった


ユノヒョン…ユノ…
ストーカーばりの猛アタックの末に片想いを実らせた僕の最愛の恋人


彼はアパレルショップの店員で
僕は芸能人で
当然、生活している時間帯が重なる事はほとんど無い


それでも、今の世の中には便利なアイテムがふんだんに用意されているから
僕は今も、そんなアイテムの一つであるSNSで恋人への愛のメッセージを送る


「今日の釜山は気持ち良い青空だよ!これで撮影もはかどる~」


生活する時間帯が違くても
撮影の為に釜山に来ていて、ソウルにいるユノと離れていたとしても
画面の上では一緒に居られる


ユノがこの時間何をしているのか?
恋が実ったばかりの僕には、まだ予想するのは難しいけれど
僕の送ったメッセージにすぐ“既読”が付いた


『こっちは朝から雨だ。そっちに雨雲が行く前に終われる様、仕事頑張れよ』


うふふ…頑張れよ、だって
誰に言われるよりも彼にそう言って貰える事は
僕にとって大きなエネルギーになる


「ユノ♡♡離れていても、ラブラブだね!
僕は今、きっとユノの頭の中に居るからぁ!」


そんなメッセージの後
投げキッスをするスタンプを送った


“既読”になったけれど返事が無い
僕の愛のメッセージに対して既読スルーなんて…いい根性してるな


僕はめげずにハートマークの付いたスタンプを何度も種類を変えて送った
相変わらずこんなところはストーカーっぽいけど…


『んもう!わかってるってば!』


僕のラブラブ攻撃に屈したユノから、そんな素っ気ないメッセージが帰ってくる


『俺もMAXが好きだよ♡』


そんな気の利いた返事は最初から期待してないんだけどね


忙しくてもこの小さい端末を使って時間を共有出来る
ユノの存在を感じ取る事が出来るんだから…


今の僕にとっては
たったそれだけでも幸せな事だ


最後に「사랑해♡」というスタンプを押して、スマホをオフにした


メイクも終わり、撮影が始まるのを待つ間の束の間の休息


昨夜の撮影が押してホテルの部屋に帰ったのは深夜遅くだったから
トレーラーハウスの小窓から入ってくるぽかぽかとした風に誘われて、ウトウトしてくる


ユノとSNSで話せた事で満ち足りていた僕は、その心地良い風に彼を重ねながら目を閉じる
ユノの腕に包まれている様な…そんな錯覚の中、頬杖をつき疲れた体を椅子の肘あてへと預けた


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


『MAX…俺、大事な事を話してなかった。
大学に入る前に済ませようと思ってたけど、その時親が病気をして…兵役義務を果たせずにいたんだ』


「ユノ…それじゃあ、もしかして…」


『ああ…。今、その義務を果たす時が来たんだ。
一年と九ヶ月。その間、俺を待っててくれるか?』


「イヤだよ!!だってついこの間ようやく付き合い始めたばっかりでしょ?
僕を置いて行っちゃうなんてヒドイ!そんなの我慢出来るわけないっ!」


『MAX…俺を困らせないでくれよ。
この国の男子たるもの、果たさなければならない義務だぞ?

そんな事も我慢出来ないんだったら、俺への愛もそれまでだな』


僕を抱きしめていた人が目の前から消えて行く
僕が必死で追いかけてもユノはその足を止めない


分かってる
その一年九か月という期間は、必ず味わわなければならない重要な期間だって事を


でも
付き合ってまだ数週間も経っていないのに
何故今、僕を置いていってしまうのか理解出来なかった


一年だけでも十分に長い
それに加えて九ヶ月もあれば、二年って言った方がいい気がする


そんな長い期間離れ離れになるなんて…


想像しただけでも気が狂いそうだったけれど
僕のユノへの愛はそれだけ深いものだから、その想いが揺らぐ事だってある訳無い


それなのに
俺への愛もそれまでだ、とか言っちゃってさ
僕がどれだけあなたを好きか分かっていないよね


でもいいもん!!
ユノが付き合って早々にそんな試練を与えるんだったら、僕にだって考えはあるよ!!


兵役に行ってその合間の自由時間に
僕の熱烈なラブシーンを見てしまえばいい!


会えないどころか、SNSだって出来ないんだよ!
僕の熱愛報道とか出たら、僕に直接確かめる術も無いんだからっ!


『まさかMAXが?そんなバカな!』


辛い訓練を受けながら、思う存分ヤキモチを焼けばいいんだぁぁ!





ミンッ!…ッ!!チャンミナッ!!〉


ガクガクと僕の肩を揺らしながら、マネージャーであるキュヒョンが鬼の様な形相で立っていた


〈疲れてるのは分かるけど、後少しだから頑張れよ〉


…いけない
僕ったらウトウトしてたつもりが、がっつり寝てしまったみたい


今日の撮影が終わればソウルに戻れるんだ
トゥギヒョンに認めてもらうために、仕事でポカをするわけにはいかない


気合いを入れ直す様に大きく深呼吸をし頰をバチっと叩く


シム・チャンミン
俳優としての顔をしっかり作り、トレーラーハウスを後にした




撮影が無事に終了したけれど、ソウルへ帰ったのは翌々日だった
映画のPR活動も同時にこなし、同時期に開催されていた映画祭でのプレゼンテーターの仕事も重なっていたから


息のつく暇もない程のハードスケジュールは
僕の脳内での疲労を徐々に蓄積させていた様で
スマホを見る余裕も無ければ、テレビを点ける気力も無くなっていた


ハウスキーパーの人がきちんと手入れをしてくれているから、一週間ぶりに帰る自宅はきれいだったけれど
やっぱり人けが無かった自分の部屋は、実際の温度よりもずっと寒く感じる


僕の中にぽっかりと空いたものが何なのか
それすらも気づかない
睡眠不足が重なっていた事もあり、僕の思考回路はショート寸前だった


“ピンポーン”


よろよろしながらようやくソファーに辿り着いたというのに、煩わしいチャイムの音がした


普段だったらモニターで応答するのに
そんな事も判断できずに、もう一度よろよろと歩いて玄関へと向かう


『MAX…』


ドアの向こうには、僕の最愛の人が立っていた


びっくりするくらい小さい顔にきれいな目
僕を包み込む広い肩と厚い胸
ちょっと可愛らしいぷっくりした下唇


ユノだ…
ユノが帰って来た…


「ユノっっ!」


僕にぽっかりと開いた穴はこの人の存在だった
僕が…恋い焦がれて、ようやく想いを通わせたこの人だ


『MAX?どうしたんだよ、目にそんないっぱいに涙を浮かべて…』


「だって…だって…ユノが僕を置いて行っちゃうんだもん…」


目の前から居なくなり、追いかけても振り向きもしなかったイジワルな恋人に抱きつく


『置いてったって…それは釜山へ行ってたお前の方だろ?
俺がどれだけ寂しかったか分かってて言うのかよ』


ユノ…
僕と会えなくて寂しかったって言ってくれてる
そうやって下唇を尖らせて拗ねるあなたが愛おしくて堪らない


「僕は置いてってなんかいないよ。ユノでしょ、付き合ったばっかりで兵役になんか行っちゃって」


『はっ?何言ってんの?MAX…いや、チャンミン、しっかりしろって。
俺だよ?ちゃんと分かってる?!』


あ…兵役に行っちゃったのは夢だったんだ…
僕ってば、疲れ果てて意識混濁しちゃってた


「ユノ…ユノ…僕のユノだよね?
もう僕を置いてどっか行ったりしないよね?」


夢だったと分かってもどこか不安が残る僕は
そう言いながらユノの服を掴み、まるでむずがる子供みたいに何度も揺らす


話が全然見えなくて、多分頭の中にハテナマークがたくさん浮かんでいるであろうユノは
それでもそんな僕を安心させる様にぎゅっと抱き締めてくれる


『今日こっちに帰ってくるってキュヒョンから聞いて、職場から直接来たんだけど。
どこにもいかないよ、もう。ずっと、チャンミンの傍にいるから』


ちょっと高い声で優しく語りかけてくれるユノ


「ここに来た、じゃ…なんだか遠く感じる」


駄々を捏ねる僕のそんな言葉にも
ユノは僕の眉間、瞼、頰へと順に優しいキスを落としながら答えてくれる


『チャンミンのところに帰って来たよ』


ユノ…ユノ…
こんなワガママな僕だけど
子供みたいな僕だけど
これからはずっと一緒にいてね


「おかえりなさい、ユノ。釜山から僕もただいま」


『じゃあ俺からも。
ただいま、チャンミン。釜山からおかえり…』


大好きな人の匂いの中で
僕の夢現の時間は、ゆっくりと現実に変わっていった


ユノ…大好きだよ…


夢の中でも、現実でも
これからはずっと一緒に居てね






夢現 -完-




貴方のがないという心の空白


色々な現実を見て視野を広げることが出来たこの期間は、今まで知らなかった多くの事を得る事も出来ました


私にとっての空白の期間をどんな風に過ごしてきたのか
あなたがこれからどんな姿を見せてくれるのか楽しみです


おかえりなさい、ユノ




くみちゃん様


お誕生日おめでとうございます


二年近いこの期間を短く感じる事が出来たのは、きっと貴女という存在があったからでしょう


私が落ち込んだ時も、自然と笑顔を取り戻させてくれた貴女


貴女が周りに笑顔を届けてくれた以上の幸せが
くみちゃんさんへ届きます様に




Ali様


いつもいつも素敵な作品を快く提供して下さり
本当にありがとうございます


今回もまた、作品を見ながらお話を作りました
貴女の作る作品の雰囲気に合えば嬉しいです


Ali様のブログはこちら↓


ホミンを愛でるAliの小部屋



ゆんちゃすみ






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 耽溺 | コメント:9 | ∧top | under∨
<<恋着 | TVXQ 〜Vertigo〜 | 渇欲 53>>
この記事のコメント
ありがとう(இдஇ; )(இдஇ; )(இдஇ; )(இдஇ; )
すみを サプライズプレゼント
ありがとう(இдஇ; )(இдஇ; )(இдஇ; )

今日は朝からずっと御祝いのLINEや
プレゼントを頂いて 感激してるよ(இдஇ; )

しかも最後の文あたしを泣かせるき(இдஇ; )
ってもう泣いてるけど。゚(゚´Д`゚)゚。

ユノとチャンミンが居なくなったのに
寂しく感じなかったのは
間違いなくすみをやあゆさんや部長や
ありをやごえもんさんやカプリコさんや
けいこねぇちゃん達のおかげだよ。:+((*´艸`))+:。

長ったけど 皆とワイワイ過ごせてやっと
ユノが帰って来たね٩(๑>∀<๑)و♡
しかも 自分の誕生日と重なり
めっちゃ嬉しい誕生日になりました♡(๑¯ ³¯๑)

一生忘れない日になったわ(๑•̀ㅂ•́)و✧
しかも すみをやあゆさんやえりんぎさんまで
ブログで御祝いしてくれて
くみを 感激で小さい胸が一杯です(இдஇ; )

久しぶりのMAX♡(๑¯ ³¯๑)相変わらず
可愛いわ。:+((*´艸`))+:。
ユノの事ばっかり考えてるから
夢と現実がごっちゃになってるんだね(○´艸`)
先にユノが帰って来たけど
次はチャンミンの番だね★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
世界が平和であります様に🙏🙏🙏

すみを サプライズプレゼントありがとう💕💕
素敵な誕生日になりました٩(๑>∀<๑)و♡
2017-04-20 Thu 12:25 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-04-20 Thu 23:31 | | # [内容変更]
No title
ゆんちゃすみさん
こんばんは(^-^)

この場をお借りして
くみちゃんさん
お誕生日おめでとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
ユノの除隊日にお誕生日だなんて羨ましい限りです。

くみちゃんさんにとってより良い一年になりますように(^O^)
日付の変わるギリギリになってごめんなさいm(__)m

くみちゃんさんのおかげで私の大好きなお話の2人に会えました。
くみちゃんさんもゆんちゃすみさんもありがとうございます(*´∀`*)
2017-04-20 Thu 23:57 | URL | ユノサラン #- [内容変更]
ありがとうございました。🙏
すみをォ'`ョ━━(。・∀・)ノ━━ゥ★

わざわざすみをの読者様からお誕生日のお祝いメッセージまで頂いてたのでこの場を借りてちょっとお礼を言わせてね♡(๑¯ ³¯๑)

わざわざあたしの誕生日にお祝いまで
下さった ユノサランさん♡ありがとうございました。ユノサランさんはユノペンさんですか?昨日はユノが元気に帰って来て
ほんとに嬉しくて朝早くから起きてました٩(๑>∀<๑)و♡ユノの様子を仕事が休みだったのでずっと見てワクワクしてました。
ほんとに元気な姿が見れて一安心しましたね。・:・(*´ー`*人)

それから 非コメのりょんりょんさんも
お祝いメッセージ下さったそうで
ありがとうございました。
お久しぶりですね!お元気ですか?
次はチャンミンが帰って来るまで
みんなで 待ってましょうね(๑•̀ㅂ•́)و✧

お二人共 ありがとうございました。٩(๑>∀<๑)و♡

すみを ありがとう♡(๑¯ ³¯๑)サランヘ󾬌
2017-04-21 Fri 10:27 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
ε=ε=ε= ヘ( `Д´)ノ
すみを~‼くみを~‼
遅くなってごめんよぉ(´;ω;`)
昨日は諸事情でとっても忙しくって、ばばぁなのにはしゃぎ過ぎてクタクタに疲れて電池が切れるように眠ってしまったの(´-ω-`)

久しぶりのMAX~♡
夢と現実がごっちゃになってユノにダダを捏ねるのがウルトラ可愛いわ( ✧Д✧) カッ!!

いつもありをの拙い画像に素敵なお話を書いてくれて(人´∀`)アリガトー♪ピッタリや~ん(*´艸`)キャ
さすがダーリン&ハニーよ(〃艸〃)ムフッ

くみを~♡
お誕生日おめでとー♡
って、もう昨日だよ( ✧Д✧) カッ!!
でも、ここでも言いたくってぇ(〃艸〃)ムフッ
2017-04-21 Fri 21:50 | URL | Ali #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちは
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした(>_<;)

ありをの作品を写真にしたあれを早々にオーダーしていたんですけど…
三日ほど前の散歩中、あゆさんではないですが急にお話が降ってきたんですね(^▽^;)
何と言っても今回はユノが帰ってくる日にお誕生日というまたとない機会でしたから...
喜んで頂けて、私も本当に嬉しいです(*^_^*)

耽溺の二人は私にとっても本当に思い出深い二人です
今書いている渇欲の二人とは全然イメージが違うので、このお話を書く前に記憶を蘇らせるべく、耽溺を一気読みしたんですよぉ(∩´∀`)∩

自分の書いた物を後から読み直すって結構照れるんです(笑)

最後のメッセージは、私の中にあるくみちゃんさんへの想いをそのまま書きました
普段はバカばっかり言ってて言えないのでね(((^^;)
2017-04-22 Sat 14:54 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: りょ****様
こんにちは
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした(T_T)

くみちゃんさんへのお祝いのお言葉も、本当にどうもありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

耽溺の二人は、私にたくさんの読者様との繋がりをもたらしてくれた印象深いキャラクターです
りょ****さんにも、いつもこの二人を大好きと仰って頂いて...とても嬉しく思っています

実際のおかえりなさいはチャンミンが言えないので、お話で言ってもらおうと思ったんです
でも、チャンミンは自分も兵役についているので、お互いにおかえりとただいまをお話の中で一気に言わせてみました(笑)

全部ひとまとめにしてしまう横着者のゆんちゃすみですね(^▽^;)

このお話を書く前に自分でも耽溺を読み返したんですが…いやあ、ユノが甘いですね( ̄▽ ̄;)
自分で恥ずかしくなってしまいました(((^^;)
2017-04-22 Sat 15:03 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユノサラン様
こんにちは
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした(>_<;)

くみちゃんさんへのお祝いのお言葉を頂き、本当にどうもありがとうございました♡

私も師匠のブログで同じ読者であったくみちゃんさんと知り合う事になりましたが...
こうして自分のブログで、くみちゃんさんのお誕生日をユノサランさんも一緒にお祝いしてくださるという事がとても嬉しく、ちょっぴり不思議な気持ちがしています(♡ˊ艸ˋ)

去年の自分の誕生日はSHINeeのライブが重なって、とても記憶に残る誕生日になりました
くみちゃんさんもユノが帰ってくる日にお誕生日という、とても思い出深いお誕生日だったでしょうね

久しぶりの耽溺の二人でしたが、また皆さんに楽しんで頂けて良かったです(∩´∀`)∩
2017-04-22 Sat 15:11 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
こんにちは!
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした( ノД`)

ありをはきっと覚えていると思うんだけど…
本当に急に降ってきたんです!このお話が!

ユノが兵役に行ってしまうという夢をMAXが見て...でも実際は撮影で遠くにいて会えなくて。
会いたい気持ちが、蓄積した疲労も重なって意識を混濁させるっていう感じで「夢現」の世界をさまようというイメージでお話を書こうと思ったんです

間に合えばくみちゃんさんのお誕生日に更新しようと、お話を書く前に先ずはありをに作品の提供をお願いした訳でしたヽ(*´∀`)ノ

大まかなお話の構成は頭の中でまとめていましたが、ありをがズバリ選んでくれた作品のおかげで、MAXの夢現の世界を描くことが出来ました

いつも本当にありがとうヾ(*>∀<)ノ゙
2017-04-22 Sat 15:19 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |