スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
縁結 第2章 ~至愛 番外篇 18~
2016-12-29 Thu 18:00


このお話は「宮~love in palace~」のパロディです
R18表現を含みます
ご承知おきください




side Crown Princess? Changmin



僕の身体をゆっくりと確認する様に辿る
ユンホ殿下のその指が動くたびに、自分でもくすぐったくなる様な甘い声が漏れる



バスタブのお湯はすっかり冷めてしまったけれど
僕たちの身体は熱くなる一方だった



愛し合う事は、どんな形であってもいい…
〈合房(寝所を共にする事)の儀〉の心得にはなかった、ユンホ殿下と僕との愛の形



初めての時は
お互いに付いている同じものを、愛しいものに触れ合う様に触り合い、昂まる気持ちをお互いに満たした



ユンホ殿下の過去を見てしまった時
女性である過去の恋人に出来た事が僕に出来ないという事実が悲しくて



子供を産めず、殿下の血を後世に遺せない事に
自分自身の存在意義を見失ってしまった



でも元来勉強熱心な僕は、ありとあらゆる分野の本を集めている大学の図書室で様々な本を読み漁り、この身体でも愛しい人を受け入れる事が出来ると知った



あの時
僕は、初めて僕自身の身体の中にユンホ殿下を迎えたんだ



味わった事のない痛みは正直涙が出るほどだったけれど
その痛みは、愛しい人と身体を結ぶことで得られる幸せの代償だと感じた



今もまだ



ユンホ殿下の指を迎えたそこは、言いようのない違和感を覚えるけれど
殿下が僕の唇を甘やかすように啄ばんでくるから、その違和感も次第に頭の隅へと追いやられる



「んっ……そこ…ちょっとヤかもしれません…」


『痛い?ごめん』



慌てて指を抜くユンホ殿下
僕も慌ててその手を掴んだ



「ユンホ殿下の指と同時に入ってくるお湯が、ユンホ様が僕に直に触れられるのを何だか邪魔してる気がして…」



ユンホ殿下の首筋に顔を埋め
殿下の手を、二人の身体の間で昂まりあっているそこに導く



「僕はどこにも行きませんから…ね?ユンホ様。夜は長いんです」



「続きはベッドで…」
オクテの僕からは到底結びつかない言葉をユンホ殿下の耳元で囁く



『……なんかズルい。チャンミナのバカ』



ユンホ殿下は
とってもエッチな顔で笑う
そして
僕の手が導いた先で、ゆっくりと手を動かした



ピンク色の泡が
僕とユンホ殿下がお互いを欲しているという証を包み込んで



その泡が揺れるたびに
その証は愛していると脈打つ



ユンホ殿下のそれと僕のそれが重なり
そして僕とユンホ殿下の唇も重なる



『ハァ…ハァ…』
「ッフ…フゥ…」



合わさる唇の隙間から漏れる息も僕たちの愛の色に染められて
息が荒くなってきているのに何だか柔らかい色になって耳に届く



お互いの眉間に皺が寄った時
昂まり切った熱がお湯の中に放たれる



息を整えようとしてもユンホ殿下の唇が僕を離してくれなくて
思わずそのちょっぴり厚めの下唇に噛みついた



『イテッ…こら!何すんだチャンミナ!』



ユンホ殿下をバスタブに置き去りにして、入ってきた時とは逆に急いでバスルームを出る
タオルを頭に巻きバスローブを引っ掛けている間にユンホ殿下が出てきた



『悪い子だな~?そんな可愛い噛み方じゃ、痛いんじゃなくてもっとソノ気になるんだけど?』



ようやくバスローブを着た時、びしょ濡れのユンホ殿下にそう言って抱きしめられた



「あぁっ!!もう!びしょ濡れのまま抱きつかないでくださいっ!バスローブがずぶ濡れになっちゃうでしょっ」



僕のお腹の前で組まれているユンホ殿下の腕をぽかぽかと叩く
ユンホ殿下はもっともっとエッチな顔をして僕を覗き込んだ



『続きはベッドで、でしょ?どーせ脱ぐんだから俺の身体もこれで拭けばいい』



ユンホ殿下はマーキングをする犬の様に、ころころと僕のバスローブに身体を擦りつけてくる
この馬鹿力めっ…離れようとしてもユンホ殿下の腕はビクともしないんだ



人のバスローブで身体を拭き終えたユンホ殿下に、僕は呆気なく抱き上げられて
“続き”をする為のベッドに運ばれてしまった



「ばかばか!なんかユンホ様の顔がエロじじいに見えます!!」



僕に跨るようにしてのしかかるユンホ殿下
今度は胸をぽかぽかと叩き、押し退けようとする



『当たり前でしょ?エッチな事をするんだから…じじいではないけどね』



まだ濡れたままのきれいな黒髪をかきあげたユンホ殿下は、びっくりするくらいにカッコよくて
この人を選んだ自分を自画自賛する僕



…そんな事を考えるのも束の間で
僕は、ユンホ殿下から改めて贈られたキスであっという間に思考を蕩けさせた



お風呂で一度オフしたスイッチは
恥ずかしくて後ろ向きに逃げようとする僕の背中へ、甘噛みするユンホ殿下によって再び入れられて



二人に与えられた長い夜を象徴する様な
ユンホ殿下のゆっくりと優しい愛撫を全身で受ける僕



さっき、お湯に邪魔をされたところも
ユンホ殿下のちょっと節ばった長い指の形も分かるくらい、愛しい人を待ちわびている様になっていった



夜って
こんなに長かったっけ…



いつもの倍くらいゆっくりと流れていく時を噛み締めながら
ユンホ殿下の思いを僕の身体で包んでいった



『チャンミナ…愛してる』



何度言われても嬉しいそんな甘い声を聞きながら
僕は腕も脚もユンホ殿下の身体に絡める



「ユノ……あなたは僕だけのものです……」



僕の心からの言葉を“殿下”も“様”も付けず
彼の名前だけを呼んで、伝えたんだ







ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 至愛 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<渇欲 27 | TVXQ 〜Vertigo〜 | 縁結 第2章 ~至愛 番外篇 17~>>
この記事のコメント
呼び捨て最高ぉぉぉぉぉ😍😍😍
彡(-ω-;)彡ヒューヒュー((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~
すみを 寒い中 仕事お疲れ様ーーー╭(。•ㅂ•。)و ̑̑

今日はめっちゃ寒かったねぇ〜
今日は仕事休みだったから 朝から大掃除を
やるつもりが
小掃除になり 今疲れ果てて死んでるヽ(´Д`;)

お風呂でいちゃいちゃ♡いちゃいちゃ
何時間入ってるのよ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

ってか風呂の中で ホミンの入浴剤が!!( ✧Д✧) カッ!!
後でこっそり 風呂に入ろーっと( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)

なんかいつもユンホ殿下って呼ぶ
恥ずかしがり屋のチャンミンが
ベッドの中では ユノ呼びに
萌えるわΣ>―(*´Д`*)→グサリ
ユノ!!って 呼べるのは
チャンミンだけよ!!( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

日本に来る時にリアルチャンミンの
ユンホ呼びにも 萌えるわΣ>―(*´Д`*)→グサリ
あっ すみを見た?
ユノが あな注メンバーとサジン写ってた奴??
見てるけど すぐスルーしたわよね( ✧Д✧) カッ!!
まだあな注も見れない
すみをだもんね( ✧Д✧) カッ!!wwwww
2016-12-29 Thu 18:56 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
すみを~♡
オチュ───(*ノ'3`*)ノ───♪

ちょっとぉ‼
大学の図書館でなんの勉強してんのよぉ(〃艸〃)ムフッ
仕方ないわねぇ(〃艸〃)ムフッ勉強熱心なチャンミンには、ありを秘蔵の書籍を送っておくわ( ー`дー´)キリッ

(*´艸`)キャ
愛の営みの間だけの『ユノ』呼び♡
萌えるぅ♡♡
前にリアルチャンミンがユノの事を『ユノヤ』って呼んでるのを見た事あるんだけど、2人はお互いの事を色んな風に呼んでそうよね~(〃艸〃)ムフッ
2016-12-29 Thu 22:57 | URL | Ali #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-30 Fri 07:09 | | # [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちは
コメントありがとうございます♡

仕事納めして来ましたよ!
いやあ、こんな年の瀬に金持ちは海外にでも行けばいいのにねぇ...今日も忙しかったです(T_T)
くみをも仕事をしながらの年の瀬だから大変でしょう?大掃除なんかやってられないわよ( ✧Д✧) カッ!!
小掃除で十分だわ〜

そうそう!!
このふたりってば、いつまでお風呂回いちゃいちゃしてるんですかね〜(o´艸`)
いいじゃないですか♡
ほら、ホミン小説でお風呂いちゃいちゃは外せないでしょう(`・ω・´)ホミン入浴剤を残したまま、ようやくメイン会場に移動しましたけども(∩´∀`∩)
("⊙Д⊙")えっ!!ホミン入浴剤のお風呂に入りたいですって?!すみをは...遠慮しておきます(;゚∇゚)

すみをらしい雰囲気で書けましたかね?
くみをとありを急かされたエッチシーンです(;´Д`)
2016-12-30 Fri 16:43 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
こんにちは〜
コメントありがとうございます♡

今日仕事納めをしてきたよぉ
クタクタで帰ってきてゆっくりしたいところですが、今から姑が(´;ω;`)ウッ…
いや、悪い人じゃないんですよ
ただね…うるさいんです( ノД`)さすが旦那の生みの親って感じで...もうやだ(T_T)

ありをの秘蔵の書物はチャンミン妃殿下には過激過ぎるわよぉ( ̄▽ ̄)
きっと真面目な方ですから...おそらくは医学書で人体の構造を学ばれたのかと思われます(o´艸`)

あちらで年上を呼び捨てすることは、ほとんどないって言いますやん?それなのにいつからかあえてイル活で「ユンホ」呼びしたり「ユノヤ〜」なんて言ったり...

チャンミンのわざとらしい牽制ですね、これも
┐(´∀`)┌ヤレヤレ
2016-12-30 Fri 16:55 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユ****様
こんにちは
コメントありがとうございます(≧∇≦*)
ようやく今日仕事納めをして来ました〜!!

ユノペンアンテナ作動しましたか?(*>ω<*)♡
本当にねー妄想するだけで身悶えてしまいます…
下唇に触れるのは…万一触れられる事が出来たら、びょーんと引っ張りたいですヾ(〃^∇^)ノ←こんな天邪鬼ぶりをくみちゃんさんやAliさんからいつも指摘されます(笑)

まずね実際は、目の前にたった時点で私は昏倒すると思います(//∇//)

初めて見たユンホ殿下の素顔に完落ちしたチャンミンだからこそ、自然にそんな動きになったんですね(o´艸`)
ムフフシーン...これからも、ユ****さんににんまりして頂ける様に精進いたしますヽ(*´∀`)ノ

私ったら乙女過ぎて「あな注」は厳禁です( ̄▽ ̄;)三日三晩寝込みます(爆)
2016-12-30 Fri 17:06 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。