スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
縁結 第2章 ~至愛 番外篇 10~
2016-12-19 Mon 18:00


このお話は「宮~love in palace~」のパロディです
ご承知おきください




side Crown Princess? Changmin



四コマ目の後に予定されていたゼミの時間が変更になった



今日は久しぶりにユンホ殿下と一緒に帰ることが出来るかもしれない…なんてちょっぴり期待していたけれど、そんな希望はあえなく崩れ去る



ユンホ殿下はご公務に忙しく、僕はゼミの研究の発表会があるために、ここに来て講義以外でも大学にいる時間増えた



結婚してからは
それこそ四六時中顔を合わせる事になるだろうって思っていたけれど
むしろ少しずつ減って来た気がする



僕もユンホ殿下程では無いけれど単独での公務もあるし…



何だかやたらと時間が早く過ぎていく様な気がするのは、こんな風に目一杯スケジュールが詰まっているからかも



ゼミの課題をみんなで手分けして、何とか区切りをつける
大学を出る頃にはもう辺りは暗くなっていた



帰ったらすぐ夕食の時間になっちゃうな…
迎えの車に乗り込み時計を見る



〈殿下とのウキウキ新婚DAYを満喫してねっ!〉



なんてテミンは言ってたけれど
もう一日の半分は終わっちゃったよ…



ううん、そんな風に考えちゃダメ
冬の夜は長い…
ユンホ殿下との時間はこれから始まるんだ



こんな時のために密かに用意してたあれを出す時がとうとう来た
…実は僕、ユンホ殿下にお渡ししたいものがあるんだ



〈嬪宮様、お帰りなさいませ。ご夕食は国王陛下のお招きで大殿でお摂り頂きます〉



エントランスで出迎えてくれたコ尚宮さんには手でマルを作って返事をし、ダッシュで部屋に戻る
寝室の戸棚にしまっていたあれを取り出し、もう一度リボンを結び直した



お渡しする時までもう少しだけ待ってて
プレゼントにそう呟き、再度戸棚に戻す
小走りでついて来たコ尚宮さんが用意した服に着替えて、僕は息つく間もなく大殿に向かった



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



国王陛下とユンホ殿下と僕
この組み合わせでの夕食は、初めての事だった



こうして見るとユンホ殿下はお父上に似ておられるんだなと感じる



お顔立ちはどちらかというと王妃様に似ていらっしゃるのだけれど
フォークの持ち方やスープをすする口元が似ていらして、そんな観察をしながらの夕食は楽しかった



途中イ内官さんが殿下を呼びに来て、ユンホ様は急いで東宮殿に戻られてしまったんだけれど



二人きりになりちょっと緊張した僕に、国王陛下はにっこりと微笑まれる



その笑顔がユンホ殿下の笑顔と重なって
愛しい人の数十年後を見た気持ちになった



その時
ユンホ殿下の隣にいる僕は
ユンホ殿下のお母様みたいに



愛しい人と年月を重ねて互いを分かり合い
黙っていても目だけで会話出来る様になれていると良いな



〈チャンミナ、ありがとう〉



数十年後の自分の姿を想像していた僕を現実に引き戻した、陛下の突然のお言葉
急な事でどうお返ししていいのか戸惑った



〈いや、驚かせてすまん。こうして二人になる機会があまり無いのでな〉



陛下は指で額をおかきになる
ちょっと照れていらっしゃるのだろうか
そんな仕草もまた、愛しい人のそれと重なって



〈君のおかげであれは大きく変わった。親の私があれこれ言うよりも、君が意識せずしていた行動が、ユンホを変えてくれたと思っている。


まだまだ子供な面もあると思うが…ユンホとそっくりな私を見捨てずに支えてくれている王妃と同じ様に、ユンホを見捨てずに支えてやって欲しい〉



そう言って恥ずかしそうに微笑まれた



「もちろんです。私の目標は…陛下の隣でいつもそっと陛下を見つめて、和かに微笑まれている王妃様ですから」



本心でそうお答えする



ユンホ様のお子を産む事が出来ない僕にでも出来る、小さなことを一つずつ積み重ねていき
そして大きな支えになっていける様に…頑張ります



国王陛下に心でそうお誓いして、僕は大殿のダイニングを後にした



東宮殿に戻ると、いつも其処彼処に立っている女官の姿が見えない事に気付く
ぽつぽつと警護の人が立っているだけだ



何かあったのかな?
僕についているコ尚宮さんも、何だか距離が遠い



「コ尚宮さん、何か…」



問いかけようとする僕の言葉をコ尚宮さんが珍しく遮った



〈本日は国王陛下からの思召しで、私達の日頃の務めを労ってくださる食事会が行われております。わたくしも嬪宮様をお部屋に送り届けましたので、そちらに向かわせて頂きます〉



え?そうなんだ
いつもの様にきれいにお辞儀をして去っていくコ尚宮さんの姿を見送る



いつも何をする時も側にいるコ尚宮さんが、こんな時間に居なくなるなんて…急に心細く感じた



「テミンも居ないしな……なんか寂しいんだけど」



ユンホ殿下は執務室にいらっしゃるんだ…
明かりの灯っていない対の間を見ながら、必要以上に大きな独り言を言い部屋に入る



とりあえず、大学から帰って来たままにしていた荷物を片付けよう
そう思って寝室の扉を開けて電気をつけた



!!!!!



何これ?!?!



普段から僕には到底似つかわしくない
ピンクのフリフリした雰囲気の僕の部屋が



様々な大きさのハート型バルーンで埋め尽くされていた



そしてベッドの上には
ユンホ殿下がお召しになる正装を着た
大きな虎のぬいぐるみが鎮座していたんだ






ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 至愛 | コメント:12 | ∧top | under∨
<<縁結 第2章 ~至愛 番外篇 11~ | TVXQ 〜Vertigo〜 | 更新再開のお知らせ>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-19 Mon 18:16 | | # [内容変更]
すみを~♡
お話再開嬉しいよぉ(*´▽`人)アリガトウ♡
でもまだ睡眠不足が続いてるんだから、くれぐれも無理しないでねヽ(´ー`)ノ

国王陛下の指で額をかく仕草~♡♡♡
ユノの仕草が浮かんで(*/ω\*)キャー!!ってなったよぉ♡
「ヒョンがしようか?」ってチャンミンを溺愛で甘やかした後、額を指でポリポリってしたのが大好きなのよ~Σ>―(灬⁺д⁺灬)♡―――>
それを思い出したわぁ( *´艸`)

とうとう来たわよ( ✧Д✧) カッ!!
ロマンティックナイトの時間よ( ✧Д✧) カッ!!
おっちょこちょいのコ尚宮さんも頑張って演技も成功させたしね(๑•̀ㅂ•́)و✧
あ!!暗視カメラの設置は完璧かしら?
心配だわ…おっちょこちょいだからҨ(´-ω-`)
2016-12-19 Mon 19:49 | URL | Ali #- [内容変更]
サプライズ★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
( ノ゚Д゚)ヨッ! いつもの6時の
時間がやって来たわ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

やっぱり こうでなくっちゃねっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ユンホ殿下のサプライズキタ━(゚∀゚)━!
キタ━(゚∀゚)━!
キタ━(゚∀゚)━!
キタ━(゚∀゚)━!

ピンクのお部屋に バルーンのサプライズΣ>―(*´Д`*)→グサリ
おまけに ユンホ殿下の正装をさせた
虎🐯の縫いぐるみ( ✧Д✧) カッ!!
ユノって ほんとに
ロマンチックだから
リアルにしそうだよね♡(๑¯ ³¯๑)

チャンミンもサプライズでユンホ殿下に
何かプレゼントを用意してるみたいだけど
何(*´・д・)?かしら(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

さぁ 邪魔者は居なくなったわよ( ー`дー´)キリッ
久しぶりの ふたりだけの
時間がやって来たわ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

あたくし コ尚宮は ほんとは
食事会なんか放ったらかして
ユンホ殿下とチャンミン様の
めくるめく夜のピーピーを見に行きたいわ( ✧Д✧) カッ!!|(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

すみを 今日の1拍手はだれだったのかしら(b´∀`)ネッ!
…………|ω・`)チラ( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)

くみをは残念ながら3泊手だったわ( ✧Д✧) カッ!!
新たな刺客がいたみたいよ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

ちょっと待たされた分
めくるめく夜のピーピー 楽しみに(´。✪ω✪。`)
待ってるからね( ✧Д✧) カッ!!
2016-12-19 Mon 20:08 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-19 Mon 20:49 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-20 Tue 06:03 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-20 Tue 06:13 | | # [内容変更]
Re: りょ****様
こんにちは
コメントありがとうございます(*´∀`)

再開させて頂きました!
またまたどうぞよろしくお願いします(∩´∀`∩)

(*ФωФ)フフフ…
りょ****さんのおっしゃる通りでして(((^^;)
実は本篇後半に全然出せなかったと思っていたんですよ...忘れてた訳じゃないんですよぉ〜〜(p_q*)シクシク
ネタバレになりますので少しだけ申し上げますと。まさに今日の更新分で、起死回生の出番がァァヽ(°∀。)ノ

という訳でして、ぜひとも今夜の分をお待ち頂ければ嬉しいです(∀`*ゞ)テヘッ
2016-12-20 Tue 09:48 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
こんにちは
コメントありがとうございます(*´∀`)
貴女の!!すみをが戻って参りましたァo(>∀<*)o
この後もどうぞよろしくお願いします♡

はーい☆d(´∀`*)
ありを大正解でーす!!さすがマイハニー♡
おでこぽりぽりは、まさにあの激甘ユノの仕草から取ったんですよ〜ヾ(〃^∇^)ノ

アレね〜盛大に(゚Д゚)ハァ?って思ったわ!懐かしい〜
どんだけ甘やかしてんねん!!ってね(((^^;)
そりゃあチャンミンも笑っちゃうわよ!笑うしか無かったと思うわ( ✧Д✧) カッ!!
「インタビューなのに...ヒョンってば」って盛大にデュフってるようにしか見えなかったけどね(。-∀-)

コ尚宮さんの事だから、きっと暗視カメラの向きを逆に設置してる危険があるわ!確認したいけど…わたくしめはテミン様のお供でおりませぬゆえ...(´0ノ`*)
2016-12-20 Tue 11:54 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちは
コメントありがとうございます!
お待たせしておりました( ノД`)
この後もどうぞよろしくお願いします♡

ユノと言ったらサプライズでしょう?
なんか可愛い事をサラッとやってのけるのよね…あの方...(o´艸`)だからね、お話の中でもこんな風にちょっと大袈裟な仕込みをユンホ殿下にしてもらいました♡

ドラマの中でシン皇太子と同じ格好をしたクマ(アルフレッドって名前だった記憶)が毎回お話の最後に出てくるのが可愛くて(∩´∀`∩)そんな事も考えながら、頭を捻った次第です

ちょっとコ尚宮さん
食事会をサボタージュして妃殿下のお部屋に忍び込んだらいけませんよ( ✧Д✧) カッ!!
せっかくユンホ殿下が慰安の食事会というものを国王陛下にお願いしたんですから!(真の目的は人払い)

それと!!!
またしれーっとラブシーンを強要してまっせ!!
ああ...こうやってすみをは苦手な物を書かなくてはならなくなるのね(T ^ T)
2016-12-20 Tue 12:05 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ca***c***様
こんにちは
コメントありがとうございます!
何とか再開させて頂くことが出来ました…
ご心配をおかけして本当にスミマセン(TT)

えへへ♡
本篇では毎度のごとく、ストーリー性ばかり重要視し過ぎておりましたので、番外編では若い新婚カップルの可愛いワチャワチャを書ければいいなと思っております(≧∇≦*)

お褒めの言葉を頂いて本当に嬉しいです♡
そのお言葉にお応え出来るように頑張りますので、またお声をお聞かせくださいねo(>∀<*)o
2016-12-20 Tue 12:11 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユノ****様
こんにちは
コメントありがとうございます(*´∀`)
お待たせしておりましたが、何とかまたこうして再開させて頂くことが出来ました(o^^o)
これからもどうぞよろしくお願いします!

んまぁ...ユ****さんまでその様な♡♡
めくるめく夜だなんて(/ω\)ハズカシーィ
くみちゃん様にも尻を叩かれておりまして(笑)
苦手です!!と言ってばかりいないで、可愛い二人の新婚ラブシーンを頑張って書こうと思っておりますヽ(•̀ω•́ )ゝ

チャンミン妃殿下同様に恥ずかしがり屋なもので...(;´Д`A ```顔面制御が出来なくてニヤついてるのを誰かに見られる危険がありますが、一人の時間に犬と引きこもって取り組みます(((^^;)
2016-12-20 Tue 12:24 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユ****様
追伸!!
うちの子供も同じ事を言ってました( ̄▽ ̄;)
うちの旦那はテミンくんをテミソってわざわざ言います(。-∀-)
ちなみにユノはチョンさんです...
2016-12-20 Tue 12:27 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。