スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
渇欲 21
2016-11-28 Mon 21:00


このお話はフィクションです






若い男を担いで、自分のホテルのロビーを歩く



今の自分の姿を想像すると何やら笑いが込み上げてくるのは、自分でも珍しく軽口が出るほど酔っているのだろう



スヒョクのやつめ
いい酒を手にしたからと言って、いつもはシングルのところをダブルで飲ませたな



日本のウィスキーは最近、中国の金持ちにも人気があるらしく
原酒が底をつき、生産中止になる銘柄まで出てきていると何かの記事で見た



スヒョクが“いい酒”と言っていただけあり
芳醇なモルトの香りだけで質の良い酔いが回った



スムダン買収の件での検察庁長官への返礼が上手く片付いたことも加わって、心地良いほろ酔い加減で【紫蘭】を出た



店の前で倒れこむあの男を見つけたのは
どんな運命が仕込んだ悪戯だったのだろう…



この時間は宿泊客の殆どは既に部屋に入り、ロビーには俺の様に飲み屋で遅くまで過ごしていたであろう数名の客が居るだけだ



俺の姿を見るなりフロントの人間が飛んでくる
ついて来ているジェウンがフロントに軽く手を挙げ制止した



このホテルには俺だけが使う部屋がある
専用のキーを取り出してジェウンがエレベーターを開ける



もちろん、こんな風に酔った男を連れ込む訳ではなく、【紫蘭】に寄り遅くなった時やホテルの広間でのパーティー等があった時に使っているのだが



〈爆弾酒でも飲み過ぎたんでしょうか。若いっていうのは、こんなバカがやれていいですね〉



この男を拾った時に珍しく言った冗談がジェウンの気も楽にさせたのか、彼にしてはくだけた言い方をした



『十歳程度しか違わないでそう言うか?我々もまだ三十半ば、と言いたいところだがな』



ジェウンの軽い感じに俺も合わせる
スムダン買収の件で、彼も殆ど寝ていない筈だ
少しリラックスして今夜は休んでくれればいいのだが



〈フライトは8時の予定です。明朝予定の時刻にお迎えに上がります。それでは、お休みなさいませ〉



入口でカードキーを通したジェウンは、几帳面に一礼をして帰って行った



自分のホテルの勝手知ったる自分専用の部屋
仄暗い明かりの中で寝室のドアを開ける



俺はアルコールが得意な方ではない
【紫蘭】では嗅いだ事のない様なエタノール系の安いアルコール臭が鼻をつき、男をベッドに放り投げる



フロントに電話をし、いつもの係を部屋に寄越させた



シム・チャンミン…



昨日の今日で、俺に担がれホテルに連れ込まれるとは少しも思っていないだろう
乱暴に放り投げられても、無反応のやつに苦笑した



アルコール臭のする服を全部脱がせ、布団をかけてやる
この男を担いできたせいで、俺の上着まで安い酒の匂いがついてしまった



やって来た係に上着と男の服をクリーニングする様に言う
下着は捨て、新しい物を用意する様に指示した



冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出し、寝室に戻る



若さゆえの無謀さとでも言うのだろうか
それとも
単純に、馬鹿なんだろうか



あれだけの警告を受けながらも、俺の周囲に居ようとする男の顔を眺める



男のくせに睫毛の長さが目立つ
少し明るく染めた髪が、彼の若さを印象付けていた



疲れが蓄積しているから目を瞑ればすぐに寝てしまいそうなのに
俺のベッドに眠る男の寝顔になぜか見入っていた



ほどなくして気がついたシム・チャンミンは
案の定驚いていたが、訳のわからない勢いで突っかかってきた



この男の妙なテンションが、疲れている俺には鬱陶しい筈なのに
俺が返す言葉に更に返ってくる返事が面白くて少しの間楽しんでしまった



が、しかし
鋭い文章を書く様な男が、脅しにも屈せず俺のテリトリーをうろつくのはいい気がしない



男の顎を掴み、警告をする



シム・チャンミンはそんな俺の意思とは反して
特徴的な大きな目に、彼からも大きな意思をこめて見つめ返してきた



いい目だ…
何かに飢え、大きな物に挑もうとしているシム・チャンミンの目



あの時、俺は確かに気まぐれでこの男を抱いた
だが今日は、それが“気まぐれ”だったのかという一瞬の迷いを生んだ



この男は…俺を本気で知ろうとしているのだろうか…



自分の中に生まれた妙な迷いを払うため、軽く頭を振り部屋を出ようとした



「待てよ!こんな高そうなホテル代だって持ってねーって!」



勝手に連れてこられたのに、ホテル代を気にする律儀さに…なんともいえない感情が芽生える



そのまま部屋を出ようとしていた俺は、気づいた時にはシム・チャンミンに口づけていた



それをホテル代の代わりとする
らしくない言い訳をつけたキスを…






ロサンゼルス国際空港を経由してサンノゼ国際空港空港に向かう飛行機の中で、うたた寝していた俺の夢に出てきたのは
あの男の寝顔を見つめている自分の姿だった



どうかしてる…
夢にまで出て来て、俺をどうしようというのだ



“真実”を追求しようというあの男の強い眼差しが、俺を揺さぶってくる



妙な迷い…妙な感情…
俺らしくないワードが出てくるのは、きっと身体の芯から疲れているからだろう



サンノゼに帰るスケジュールを組んでいた事は良いタイミングだった
ここは…俺の全てが置いてある故郷だから



空港に着いた足でセントジョセフ大聖堂に向かう
ここは、重ねていく罪と罰を懺悔する大切な場所だ



懺悔を済ませた後
いつもの花屋で作ってもらった大きなカサブランカの花束を抱え、目的地に向かう



墓地に刻まれた名前を指でなぞり跪く
大理石で作られた墓標に頰を寄せて、目を閉じた



『ただいま。姉さん、ポラ…』



ここは
俺の全てが置いてある…



姉の亡骸と…
そして生を得る事のなかった我が子と共に







次回「渇欲22」は12/1(木)21時に更新致します

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 渇欲 | コメント:8 | ∧top | under∨
<<縁結 第2章 ~至愛 番外篇 2~ | TVXQ 〜Vertigo〜 | 縁結 第2章 ~至愛 番外篇 1~>>
この記事のコメント
(*゚Д゚)*゚Д゚)*゚Д゚)エエエエェェェ!!

ユノさん‼
我が子ってーΣ(・ω・ノ)ノ!
最後の一文で読んだ内容ぶっ飛んじゃったわよぉ‼

しかも姉…
姉が気になるわぁ…
まさかの禁断とかじゃないわよね( ✧Д✧) カッ!!

すっごく気になるわぁ…
木曜日までおあずけね‼
大人しく悶々と待ってるわ( ✧Д✧) カッ!!
2016-11-28 Mon 21:59 | URL | Ali #- [内容変更]
えーー!!マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?
えーー!!
マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?
ユノ!!って
子供いたんだーーーーー!!川;゚;Д;゚;川

しかももう亡くなってる……( ̄□ ̄;)!
お姉さんも……( ̄□ ̄;)!!
謎だらけじゃないのよ󾬆
ありをじゃないけど 全部の話が
最後のこの展開で 頭が一杯に
なってるわ川;゚;Д;゚;川川;゚;Д;゚;川

ユノってクリスチャンだから
大聖堂とか似合うわ( ✧Д✧) カッ!!
長崎にも沢山の教会や歴史ある
教会があるから ユノに是非観に来て
欲しいわ( ✧Д✧) カッ!!

もちろん!チャンミンと一緒に(b´∀`)ネッ!
沢山の島々に落ちる夕陽を見せて
あげたいわ・:*:・(*´艸`*)・:*:・★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
2016-11-28 Mon 22:56 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-29 Tue 01:33 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-29 Tue 01:35 | | # [内容変更]
Re: Ali様
こちらにもありがとうございます♡

んまぁ、そんなに気になる?!
実は前にユノの回を書いた時に、寝酒をしたユノがグラスを二つ用意したシーンを書いたの
それが布石だったんだけどぉ(o´艸`)

渇欲はチャンミン側からのお話でいこうと思っているんだけれど、たまにユノsideを入れたい衝動にかられて...シリコンバレーに行って何をしてたか書いてみたわ( ✧Д✧) カッ!!

チャンミンの事で、ちょっと動いたユノの心も書いたっていうのに...ありをもくみをも食いつくとこ一緒過ぎるのよ(。-∀-)
2016-11-29 Tue 11:44 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こちらにもありがとうございます(≧∇≦*)

全く...くみをとありをは食いつくところが丸かぶりなのよ( ✧Д✧) カッ!!
せっかくすみをがチャンミンの事で心の中にかすかな変化が起きたユノを書いたっていうのに...すみをの修行が足りないんだわ。゚(/□\*)゚。わ~ん
だからといって、すみをの元にじゃんじゃん純文学を送ってきたらダメよ( ✧Д✧) カッ!!
すみをは腐女子じゃないんだから(*`・ω・´)キリッ(←今更悪あがき)

そうだったわ、ユノはクリスチャンだったわね
すみをのサランもクリスチャンよ
親指と人差し指にロザリオリングを付けてるわよ!「さよならひとり」のアナザージャケットでヴェールをかぶるテ〇ンくんは、大聖堂のような厳かな雰囲気がぴったりなのよぉ!!
何の話よっ!!ってくみをはきっとつっこんでるわね(。-∀-)
2016-11-29 Tue 11:54 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: りょ****様
こちらにもありがとうございます(*´∀`)

そうなんです♡
自分が意図していた部分を言って頂けると本当に嬉しいですo(>∀<*)o

まさにそんなイメージで書いたんですよ
冷たさを共有する思いと、愛するものに寄り添いたいという心情で、墓標に頬ずりをさせました

頂点へ登りつめる時には、何かを踏み台にして多くを蹴散らしていかなければ、そこへ辿り着く事は出来ないと思います

でもユノには、懺悔をする気持ちが残っている...といった感じでしょうか

九州だとおっしゃっていましたよね!
私は未だに九州には未上陸です...彼らが帰ってきた時には行きたいなと思っていますヽ(*^^*)ノ
2016-11-29 Tue 12:09 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
No title
はい、来てください❤️
2016-11-29 Tue 12:17 | URL | りょんりょん #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。