スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
縁結 第2章 ~至愛 57~
2016-11-15 Tue 18:00


このお話は「宮~love in palace~」のパロディです
ご承知おきください




side Crown Prince Yunho



チャンミンが席藁待罪(ソッコテジェ、むしろを敷いた上に居続け王の処分や命を待つ事)を行なっていることは母上やお祖母様の耳にも入り、二人とも顔色を変えバタバタと駆けつけた



《なんという事を…チャンミナ、何があったのです?!そなたの様な若い者がそこまでするとは…ユンホや、早くチャンミンを立たせなさい》



お祖母様…大王大妃様は涙ぐみながらそうおっしゃる



俺がチャンミンのそばに寄ると、チャンミンは毅然とした態度で頭を振る



「ユンホ殿下のお話が全て済むまで、私もこうしております」



父上がそれを見て、俺の手を引いた



〈チャンミンの決意は本物だ。まずは我々で大王大妃様と王妃にきちんと説明をしよう〉



そう言った父上は二人を連れ居間に向かった
俺も一度だけチャンミンの手を握りしめてから後を追った



俺が父上に伝えた事を、今度は父上がご自分の気持ちも合わせて二人にお話しになる
チャンミンもテミンも男だと伝えたところで、母上はあまりの驚きにひきつけを起こしてしまった



大王大妃様は大層驚かれていたが、さすがに落ち着いていた



《その様な陰謀が裏であったにせよ、同性だったにせよ、そなた達を結びつけたのは先王の御意志の元に天から与えられた運命であり、血を残せないという事もまた運命なのでしょう》



目を閉じて話を聞いていた大王大妃様は、やはり父上の母親だとしみじみ感じてしまう程よく似ていた



《ユンホが選んだ道で、そしてその道を信じてついてきたチャンミンの事を思えば、この年寄りがとやかく言う事は有りません》



チャンミンの姿を思い浮かべているのか、手を胸に当てて目を閉じたままの大王大妃様
そしてゆっくりと目を開け、続けた



《しかし、その様な陰謀が内部で画策された事に加え、皇太子であるユンホが子を成せない相手を婚姻相手に選んだ事は、事実として断罪せねばならないでしょう》



俺もその罪を受けるべくして全てを打ち明けた
お祖母様がそうおっしゃってくださり、むしろ気が楽になった



『恐れながら大王大妃様。私はその旨につき圭賢大君ときちんと話をしたいと考えております。皇太子として王室の未来に責任を持ち、王室のあるべき形を作って参りたいと思っております』



お祖母様は俺を見て、頷いた



『その責任を果たした後のことは今一度考える必要があると思っておりますが、ただ一つだけ私は自分の意思を通したいと思います』



お祖母様と両親にきちんと向き合い、それぞれの目をしっかりと見つめる



『私はチャンミンとは決して別れません。皇太子として与えられた責務を全う出来ないという罪を償うために、私に出来る限りのことをしていく所存です』



大きな嘘をついた事を心から謝罪しますと、再び膝をつき頭を下げた



生まれた時から、玉座につくことが決まっていた俺の人生
その人生のレールから脱線したとは決して思わない



自分で行き先を増やし、ポイントを切り替えただけだ



ひきつけから回復した母上は《なんという事だ》と呪文の様に繰り返している
その一言には、いくつもの要素が込められているだろう



お祖母様はそんな母上の手をさすり、諭す様に話しかけている



《チャンミンは男性ですが、そなたに対して完璧なほどに嫁の務めを果たしているでしょう?


テミンはどうです?そなたはテミンが“女の子”だから可愛がったのですか?そうではないという事を、自分が一番よくわかっている筈ですよ》



お祖母様にとって、母上は嫁だ
でもそんな行為は、母上にとっても自分は母親であるというお祖母様の深い愛情を感じた



今までは感じたことがなかった自分の家族の愛情を、今日ほど感じたことはない



感じたことがなかったのではなく、そうした大きな愛情に包まれている自分に気づかなかったんだと思う



祖母が居てくれて
両親が居てくれて
そして自分がいるんだという事を心から感謝した



『チャンミンは何も悪くございません。ましてやテミンも自ら望んで嘘をついた訳ではありません。どうか二人に対して広いお心をいただきたく存じます』



もう一度頭を下げる
お祖母様は微笑みながら俺の手を取り、立たせた



《わたくしたちがあの二人をどれだけ愛しているか、そなたもわかっているでしょう?さあ、早くチャンミンの元に戻りましょう》



……俺は幸せ者だ
こんなにも温かい家族の深い愛情を受けていたんだな



そんな大切な事を身を以て感じる様になれたのも、チャンミンのおかげだ



再び家族揃って、控えの間に戻る



そこに居るのはチャンミンだけではなくなっていた



兄の事を聞いて駆けつけたんだろう
同じように下着姿になり一緒に座るテミン
作法通りにきちんと額をむしろにつける様に平伏している



そしてそれを冷めた目で見つめている慧恩君がいた



一瞬にして頭に血がのぼる
この人こそこの二人にこんなことをさせている張本人だ



俺の気持ちがわかるからか、俺の手をぎゅっと掴んだのは父上だった



そして自分が慧恩君に歩み寄ろうとなさった時、脇から動いたのは大王大妃様だった



つかつかと歩み寄り、こちらを向いた慧恩君の頰を平手打ちする



お祖母様のそのお顔は
生まれて初めて見るくらい厳しいものだった






ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 至愛 | コメント:8 | ∧top | under∨
<<縁結 第2章 ~至愛 58~ | TVXQ 〜Vertigo〜 | 縁結 第2章 ~至愛 56~>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-15 Tue 18:31 | | # [内容変更]
オォォー!!w(*゚ロ゚*)w
大王大妃様ー‼
<ノヽ`Д´>ノ マンセー
さすが大王大妃様だわ‼
ありを、胸がスッキリしたー‼
性格極悪ぬりかべババァ‼あなたは最低最悪の愚母よ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!
キュヒョンがこんな馬鹿母に似ず人の心をちゃんと持った人間だと信じたいわ( ✧Д✧) カッ!!

テミンちゃんまでチャンミンと一緒に席藁待罪してるのね(´;ω;`)ウッ…
ほんとにいい子(´;ω;`)ウッ…
チャンミンも心強いわよね(´;ω;`)ウッ…
゚.+。(*v_v)(v_v*)。+.゚ゥンゥン
この際作者の陰謀にまるっと乗っちゃうわ‼
2016-11-15 Tue 20:35 | URL | Ali #- [内容変更]
スカッとジャパン!!( ー`дー´)キリッ( ー`дー´)キリッ
スカッとジャパン!!キタ━(゚∀゚)━!
キタ━(゚∀゚)━!
キタ━(゚∀゚)━!
大王大妃様の平手打ちキタ━(゚∀゚)━!キタ━(゚∀゚)━!

くみを思わず 『ばぁちゃん ナイス(๑•̀ㅂ•́)و✧』
って 叫んだわ(>∀<)ノ☆(>∀<)ノ☆

(ノ´∀`*)イヤイヤー 流石だわ!!
やっぱり むこうはお国柄
目上の人を敬うけど この大王大妃様は
人柄も素晴らしいし 最高じゃないの!!

キュヒョンオンマめっ( ✧Д✧) カッ!!
この性悪クソババァ〜(#゚Д゚)ゴルァ!!((ノ`Д´)ノ<嫌ヾ(。`Д´。)(怒σ`Д´)σ((怒`・(ェ)・´●)((ノ`Д´)ノ<嫌激٩(๑`^´๑)۶(ะ`♔´ะ) ガルルルヽ(∴`┗Д┛´)ノ彡コラーッ!

そんなあんたの息子は このチャンミンを
愛してるんだよ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!
何も知らないくせに
キュヒョンが 黙っていないわよ( ✧Д✧) カッ!!

それに またまた今日も良い子の
兄想いのテミン!!( ̄∀ ̄;)
まっ チャンミンとユンホ殿下の為に
なんだかんだ一番の立役者だから(b´∀`)ネッ!
二人共 ほんとに良い子だわぁぁぁ・:*:・(*´艸`*)・:*:・♡(๑¯ ³¯๑)♡(๑¯ ³¯๑)

昨日はスーパームーン☔で見れなかったけど
今日はいい☀だったから
携帯片手に 外に見に行ったわ(๑•̀ㅂ•́)و✧
やっぱり いつもより
🌕が輝いてて 綺麗だったよ★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
あたしが キュヒョンオンマを
『月に変わって お仕置きよっ』( ー`дー´)キリッ!!
2016-11-15 Tue 21:02 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-16 Wed 06:20 | | # [内容変更]
Re: りょ****様
こんにちは〜
コメントありがとうございます*\(^o^)/*

ほんとほんと!
気がついた事が大きいですよね(*´∀`)
気付けた事できっと今度は、ユンホ殿下自身が家族へたくさんの愛情を与える側になれそうですねo(>∀<*)o

私も自分自身が色々な事に二の足を踏んでしまうので…チャンミンの潔さと行動力は自分がこうありたいという思いを知らぬ間に重ねて居たのかも知れないですね(´д⊂)

本家のドラマではなかった場面です
ユノやチャンミン、テミンに加え多くの読者様の分まで大王大妃様が制裁を与えてくれました(ノ≧∀≦)ノ
2016-11-16 Wed 15:20 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
こんにちはぁ
コメントありがとうございます(o^^o)

そうよぉ!!まるっと乗っていいのよ♡
さあ、ありをも一緒にパールアクアグリーンのペンライトを持って...いくわよ?!
♪♪イジンギキムジョンヒョンチェミノキムキボムイテミンしゃいにえーびーばーでぃ♪♪
( ゚д゚)ハッ! ちょっと気が早かったかしら…

みんなの分まで、正義の鉄鎚が下ったのよ!
ここはね、やっぱりすみをは他でもない大王大妃様に制裁を加えて貰うのが妥当だと思ったの

平手打ちをくらって倒れたら、ありをが手を押さえつけててね!!すみをがシワに入り込んだファンデーションを接写でバッチリ撮ってやるわ( ✧Д✧) カッ!!
2016-11-16 Wed 15:31 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちは〜
コメントありがとうございます(*´∀`)

すみを、ちょっとテンション低いの...
だって...あいぽんの画面保護のガラスのがヒビ入っちゃったので新しいフィルムを買ったら、早速貼るのを失敗したのよ( ̄Д ̄;) ガーン
地味にズレちゃって...不器用だからこういうの苦手なのよォォ!!( ノД`)

愚痴はこのへんでやめておいて(-∀-`; )
スカッとジャパンがすみを何だか分からなくてググっちゃったじゃない(。-∀-)ほんと私ったらテレビ見ないのよね…ダメねぇ、カ〇レー〇ー録画してるだけじゃ
追跡キーワードが「東方神起 SHINee テミン カ〇レー〇ー」の順で入ってて旦那に意味わかんないって言われたわ( ✧Д✧) カッ!!

おもっΣ(°∀° )
お話に関する事なにも書いてないわ!
まあいっか(∀`*ゞ)テヘッ
2016-11-16 Wed 15:42 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユ****様
こんにちは
コメントありがとうございます(≧∇≦)

そうなんです♡
Aliさんにタイトル画をお願いした時に、長いバージョンと短いバージョンの二つを作って下さって(*´∀`)
どちらも素敵だったのでどうしても選ぶことが出来ず、この大きな決意の元に髪を切るという場面を作りました(ノ≧∀≦)ノ

今改めてAliさんが作って下さったチャンミンを見ると、もう女としての仮面をかぶる必要は無いという決意が表れている様な凛々しさがあって...作って頂けて良かったと心から思っておりますo(>∀<*)o

家族っていいですね...
ユ****さんは私の家の事情もご存知ですから、お話ししますが、私が自分で痛感した事を少し重ねた気がします

東方神起の二人もまた、運命でこの“二人”になったんだって本当に思います(*´艸`*)
2016-11-16 Wed 15:56 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。