FC2ブログ
起点 14
2015-09-26 Sat 18:00




拍手コメントを下さった方へ…
大変遅くなりましたが、お礼を申し上げます


〈手紙〉に拍手コメントをくださった
り◯様

大変嬉しいお言葉をありがとうございます。私もり◯様のそのお言葉が本当に嬉しく、泣いてしまいました。これからもどうぞよろしくお願いします


〈起点 10〉に拍手コメントをくださった
☆ch◯◯o☆様

キリ番を踏んで頂けて、さらに温かい励ましのお言葉まで頂き、ありがとうございました。
初めてのコメントを私に頂けたなんて、ブログを始めて本当に良かったです。
これからもどうぞよろしくお願いします


----*----*----*----*----*----*----*----*


大好きな2人をイメージしたフィクションです
分裂期に触れています
ご注意ください










どうしようもないくらい
つらくて悲しくて



人と接することも怖くなって
誰も信じられない状態だった僕



お腹が空いて
いつもみたいに食べても食べても
しばらくすると吐いて…



この数週間で
体重も落ちたし、頬が痩けた
目の周りはくまが酷く



見かねた両親も



この世界を辞めて
もう一度学生として留学し
新しい人生を進むことを望んだ



そんな時ヒョンは



僕を辞めさせないでと
何度も何度も僕の家に通って
僕の両親に懇願した



僕はヒョンのそんな姿を見て
ヒョンと一緒に居ることを選択した





あの時僕が
両親の勧めのまま辞めていたら



ヒョンのこの言葉は聞けなかった



『お前を愛してる』



それだけでも
僕は自分の選択は
間違っていなかったって思えたんだ



自分が尊敬して憧れて愛して止まない人に
思いが通じたんだから…





「ヒョン、ヒョン…ユノヒョン」



僕は目の前に居て
僕に優しすぎるキスをくれた人に抱きつく



「ヒョンが大好き、大好きだよ」



やっぱりこの時の僕は
まだまだマンネで



ヒョンに甘えたくて甘やかされたくて仕方ない、ただの駄々っ子みたいで



上手い言葉もロマンチックな言葉も
全然浮かばなくって



ヒョンの言う
《恋人》
には程遠い感じになっちゃうんだけど
僕は僕なりに精一杯の気持ちを伝える



抱きついた僕を
ヒョンも抱きしめ返してくれて



抱き合うだけで
こんなに幸せな気持ちになるなんて
全然知らなかった



ヒョンと思いが通じただけで
それだけで、僕は今までのドン底から
一気に地上に引き戻された気分だ



いつ何かしらの連絡が来てもいいように
すっかり落ちてしまった体力を戻さなきゃ



明日、ヒョンも誘って走りに行こうか



ヒョンに抱きしめられながら
僕は自分でも驚くくらい前向きになっていた



すごいな愛の力って
なんて柄にもないことを思っていたら



けたたましい音を立てて電話がなった



僕もヒョンも同時にビクッとなって
二人で顔を見合わせて笑う



ヒョンが立ち上がって電話を受ける



僕はというと
抱き合って高まっていた気分が宙ぶらりんで
身の置き所がないっていうか



そわそわする自分が恥ずかしくて
すっかり冷めてしまったピザを再び食べる





電話を終えて戻ってきたヒョン



『マネヒョンだった。明日迎えに来るって』



「え?なんででぅぇす?」



ピザが口に入ってる僕はちゃんと喋れなくて



『会社に行くって。社長から話あるってさ』



「うぇえ?!」



僕の口からポロっとピザが溢れた








ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 起点 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<起点 15 | TVXQ 〜Vertigo〜 | 起点 13>>
この記事のコメント
いよいよキタ━(゚∀゚)━!
ゆんちゃすみさん こんばんは☆★☆
昨日は あたしの知らない
ゆんちゃすみさんの過去の
悲しく切ない恋愛話に
ちょっと うるっ(ノд-。)クスン
ときた あたしです。゚(゚´Д`゚)゚。

この時のチャンミンは
ほんとに精神的にも病んでて
大切な家族まで 傷つけられて
ボロボロだったのを 結局
引き上げてくれたのは ユノさんだったん
だよね〜。゚(゚´Д`゚)゚。
チャンミンの両親を説得して
チャンミンも 尊敬するヒョンと一緒に
頑張る決意をして そのなかで
芽生えた恋心Σ>―(*´Д`*)→グサリ

そして ついに社長からの電話!!
イ●スマンキタ━(゚∀゚)━!
ついに ついに あの時が
やって来るんですねーーー。゚( ゚இ௰இ゚)゚。
エーン!o(>д<。 o)。o○

STAYまだ来てないですよ(ะ`♔´ะ) ガルルル
あたしも 早く みんなと一緒に
二人のサジン眺めてわちゃわちゃしたいよー(>□<;)
2015-09-26 Sat 20:14 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
No title
ゆんちゃすみさんこんばんは(*'-'*)
あぁ、この時のチャンミン…ううっ。
後から色んな情報が押し寄せて来て、ペン達はショックの嵐でしたよね。
私はこの頃、ユノが命を絶ったたらどうしようと心配で心配で神経をすり減らしてたんですけど。
実際に危うかったのはチャンミンの方だったんですもんね。
そう思うとまだあの頃までは私はユノさんしか見ていなかったんだと感じました。

ゆんちゃすみさんのお話にもあるようにユノさんの愛がチャンミンを支えていたと思い、今はチャンミンも含めて愛しています。

前回のコメントの実体験、切なくて苦しかったです。
実際にその彼の言うことを押し切って一緒になるのが幸せだったのかも今となっては分からない事ですし。
想い出だからこそ今もゆんちゃすみさんの心に居続けるのだなぁと感じました。
だからこそ、この様な素敵なお話が書けるんだなぁとも。
すみません、私なりの勝手な事を申しました。
2015-09-27 Sun 00:09 | URL | あゆ #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-09-27 Sun 01:59 | | # [内容変更]
Re: くみちゃん様
おはようございます
コメントありがとうございます((*´∀`*))

この時期のお話は…
正直私も現実逃避していて、二人の状況に耳を塞いでいたんですよね

伝わってきた内容が、全部が全部本当だったかどうかは、この二人のみぞ知るというところだと思いますが、おそらくこうした経緯があったからこそ今の二人があるんだと信じています

あれだけ長く一緒にいて、それでもあれだけ仲がいいという事は、やっぱりこの時期に深い絆が形成されたからだと個人的には思っています

STAY、やっぱり変態度順で届いているのかも?!(笑)
2015-09-27 Sun 06:26 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: あゆ様
おはようございます
コメントありがとうございます((*´∀`*))

これを書きながら色々な事を思い出しました。あの時の私は、現実逃避したくて今の様に情報を漁る事もなく、あえて耳を塞いでいた感じでした

後から様々な話が伝わってきましたが、それが全部本当だったかどうかは本人たちしか知らないと思いますが、やっぱりこの時期に二人の間に深い絆が生まれたからこそ、今の二人があるのではないかなぁと思っています

私の話は大したことないんですが…

今の旦那と比べれば、あの彼は本当に私の幸せを願ってくれていて、別れを切り出したんだなと今更ながら思います。今の旦那と結婚する時に母から「あなたを本当に思っていたら、苦労させるとわかっている自分の所には来させない、だから自分の事だけを考えてる男だ」と言われた事が、今まさに正解だったと思います
2015-09-27 Sun 06:35 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ats◯◯in様
おはようございます
コメントありがとうございます((*´∀`*))

再びのコメントを頂き、本当に嬉しいです!
お運びいただけているだけでも嬉しいですし、この様な励ましの言葉までいただいてしまって、恐縮するばかりです

お話を書き始めるにあたって、二人にとって重大過ぎる時期をモチーフに選ぶのは正直不安しかありませんでした。でもats◯◯in様をはじめ、皆様に温かい励ましをいただけた事がすごくありがたく、心の支えになっています

そんなそんな、、、
お話の雰囲気が好きだなんて、最高の褒め言葉までいただいてしまったらどうしていいのかわかりません♡ほんとどうしましょう…(∩ω∩〃)

ご期待に添える事が出来ますか、不安ではありますが頑張りますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします
2015-09-27 Sun 07:06 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |