スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
縁結 第2章 ~至愛 55~
2016-11-11 Fri 18:00


このお話は「宮~love in palace~」のパロディです
ご承知おきください




side Crown Prince Yunho



チャンミンが髪を切った



それは
俺の決意に対する彼なりの返答だったんだろう



妃殿下らしく振舞うために、ふんわりとカールさせていたヘアスタイルも好きだったけれど



男だという真実を表す、彼本来の髪型になったチャンミンに正直惚れ直した



彼は…彼本来の姿になっても
俺にとっては最愛の人に変わりない
今までで以上に飾らない、自然体のチャンミンが好きだ



彼の決意を見届けた俺に、もう何の迷いも無かった
自分の信じた道を、チャンミンと共に歩いて行く



その決意で、父上の執務室を訪ねた



パク尚膳に前もって確認して、父上の公務はひと段落していてこの後は夕食まで時間があると聞いた



執務室でゆっくり本を読んで過ごすと言っていたらしい



『国王陛下、ユンホです。よろしいでしょうか?』



入口で言うと、すぐに〈入りなさい〉と返答があった



追尊の件では父上もご苦労が絶えなかったと思う
王族の重鎮が亡き叔父上の追尊を持ち出すきっかけを作ってしまったのはこの俺だ



父上の顔に浮かぶやつれが、俺を無言で責めているような錯覚にとらわれる
いや…俺だって父上がそんな事を思うはずがないと分かっているけれど



今これから、もっと罪深い事を言おうとしている自分がいるから、そんなマイナスの方向に向かってしまったのだろうか…



俺とイ内官とで寝る間も惜しんで調べていた事
そして…大きな嘘をついていた事を打ち明ける



〈久方ぶりに調子が良い。兄上の追尊の件をずっと一人で悩んでいたのが解決されたからだろう。


兄上と慧恩君、そして産まれた時から父親の顔を知らずに細々と生きてきた圭賢大君に私が出来る、唯一の事だからな〉



そう言って笑顔になられた父上
重鎮に騒がれる前からご自身で追尊について色々とお考えだったと、先日初めてお聞きした



父上はずっと兄の呪縛に取り憑かれ、苦悩してきたらしい
王になりたくてなったわけではない、出来る事なら逃げ出したいと何度も思ったとおっしゃっていた



俺の件がきっかけになって、嫌々この件を考えたのではなく
そんな呪縛から逃れるために自分自身で決断したのだから、おまえは気にするなと言ってくれた



父上に対してずっと反抗してきた俺は
チャンミンのおかげで自分が大きく変わることができたのと同時に
父上の本当の姿を真正面から見ることが出来た



優秀だった叔父上が王だったら…と言われ続けた俺の父上は、そんな優秀な叔父上よりも素晴らしい王だと思った



こんな俺でも…自分の体を盾にして守ってくれる
王というものは、自分の犠牲のもとに国民が幸福に過ごせる様にするのだと言う父上が、俺にとって最高の王だと思う



そんな父上の背中を…これからもしっかり見ていきたい
ゆっくりとお辞儀をしてから、父上に促されて椅子に座った



『国王陛下にお話ししなければならない事がございます。息子としては、父親の心臓の病に障る様な事はしたくありません。しかし皇太子としての立場では、申し上げるしか術がございません』



〈なんだ?その様に言われると私も身構えなくてはならんな。冗談の一つでも言ってやりたいが、おまえのその顔を見ては無理だろう。話してみなさい〉



父上はにこやかにおっしゃるも、俺の表情にこの事は重大な内容だと判断なさった様で、一気に顔を引き締めた
父親ではない国王としてのお顔だ



『長くなります。もし途中でご気分がすぐれない様であればおっしゃってください』



父上はゆっくりと頷き、目を瞑った



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



亡きお祖父様の遺言は、正式な物だった



先の大戦で九死を救ってくれた相手も、チャンミンとテミンの祖父であるシム・ミンチョル氏で間違いなく、前王が存命の際には王宮によく遊びに来ていたそうだ



シム・ミンチョル氏には孫が二人出来たが、残念ながら両方とも男だと言われて、二人が戦地でした約束である“孫同士を結婚させる”というものが叶わない事が分かる



先王は〈ならば我々の様な無二の友になる様に、二人を出逢わせよう〉と言い、そのまま遺言を書き直さなかったそうだ



相手が男である事はすぐに分かるだろうし、お妃候補としてではなく良き友であり、ゆくゆくは皇太子の支えになる様な存在になって欲しいと仰せだったそうだ



それを、意図的に変えた者がいた



皇太子の妃になるために男として育ち、その時を待っていたというシナリオにした



前王の時の尚膳(王の身の回りの世話をしていた人。王が居住する大殿付きという意味で大殿内官ともいう)が亡くなった叔父上を不憫に思い、王宮を追い出された慧恩君と結託して隠密裏に画策したのだ



前王が崩御された時、父上にそのまま尚膳として残ることを望まれたが固辞し、あえて降格して事務方の責任者に就いたのもその作業をやりやすくしたかったかららしい



ク王室事務長は、父上の長男である俺の評判を見て、王室の将来を危ぶんでいたと打ち明けた



男であるチャンミンを妃に迎え男だとばれて大騒ぎになる事で、王室の恥となる様なスキャンダルを演出しようと画策していた



万一受け入れられ…まさに今その通りになっているが、嘘がそのまま隠される流れになったとしても構わないと思っていたらしい



当然ながら皇太子と皇太子妃は子を成せず
玉座は必然的に亡き叔父上の長男であるキュヒョンに渡るから…そう思っていたと彼は話した



一つ一つ言葉を選び
調べていたことを父上に伝えていく



父上はただ
腕を組み、目を閉じたまま微動だにしなかった






ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 至愛 | コメント:7 | ∧top | under∨
<<渇欲 16 | TVXQ 〜Vertigo〜 | 渇欲 15>>
この記事のコメント
タイトル画が変わってたわね( ✧Д✧) カッ!!
🍤バーティ 🍤バーティ
🍤🍤バーティ🎶🎵😆……………・・・!!∑(;゚Д゚)ハッ!

失礼しました!1拍手ゲットしたわ(๑•̀ㅂ•́)و✧

タイトル画も チャンミンの髪が
バッサリ切って新しくなったわね( ✧Д✧) カッ!!

今までの経緯をお父さんに話す
ユンホ殿下も 避けては通れない道だから
じっくり 親子で話し合って欲しいな…(; • ̀д•́)

色んなドロドロとした陰謀が
ユンホ殿下の知らない所で
おきていて その中にまんまと
巻き込まれてしまったけど
愛するチャンミンと結婚出来たから
それは 良かったわ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!


スタポ師匠!!今日もレシピ
ありがとうごさいました(๑•̀ㅂ•́)و✧
いつも感謝*。・+(人*´∀`)+・。*してます(๑•̀ㅂ•́)و✧
すみをに 足向けて眠れないわね♥( ・ิ౪・ิ)

今日シャイニーDVD DISC1見たわ( ✧Д✧) カッ!!
後で 感想言うからね( ✧Д✧) カッ!!
1つ 言うとしたら
オニュのオペラに くみを感動して
聴き終わったら 『ブラボー♡』って
拍手👏してたのは 内緒よ( ✧Д✧) カッ!!
2016-11-11 Fri 18:47 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-11 Fri 18:54 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-11 Fri 18:55 | | # [内容変更]
(´・∀・`)ヘー
最初っから、あの性格極悪ぬりかべババァの策略だったんだぁ‼
でもさ、ユノとチャンミン
もし違う出会い方をしてても惹かれ合ったと思うし、愛も芽生えたと思うわ‼
深い縁(えにし)で結ばれた運命の相手だって気がする。
それに、欲や憎しみに囚われて醜い策略をしたせいで、大切な息子はチャンミンに叶わぬ恋をして苦しむ事になってしまったし、、
この先、キュヒョンの行動も気になるし、チャンミンが男だと分かって王宮はどうなっていくのか、、ますます目が離せない展開ね( ✧Д✧) カッ!!

くみをが、オニュのオペラって言うから、ありをはてっきりスジュのオペラをオニュが歌ったんだと思ったら違ったのね‼
荒川静香だったら『トゥーランドット』かしら?
楽しみになってきたわ( ✧Д✧) カッ!!
2016-11-11 Fri 22:47 | URL | Ali #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちはぁ
コメントありがとうございます*\(^o^)/*

ありをが作ってくれた2パターンのタイトル画、やっとこの短いバージョンを出せたわo(>∀<*)o
どっちも選べないって話してたのが、ついこの間の様に感じるけど…もう3ヶ月も前の事なのよね

ユノが入隊した日に、これからどうやって過ごして行ったらいいのかしら( ノД`)と、夕飯を作りながら泣いてたのがもう16ヵ月も前の事で...みんなのおかげで本当にあっという間に二人が帰ってくるというのが現実味を帯びて来たわよぉヽ(*^^*)ノ

あの日はユノぉ...とか言いながら泣いてたくせに、翌年の7月には「きゃぁぁぁぁ♡テミナぁぁ♡」ってやってるなんて(。-∀-)すみをも思わなかったわ…

さあ!!ユノが打ち明けた事で、これでいよいよラストスパートよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
2016-11-12 Sat 15:35 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: りょ****様
こんにちは〜
コメントありがとうございます(≧∇≦*)

本当にそうなんです!
大きな会社の社長でも小さい職場のリーダーでも、やっぱり一番上の人間は自らが犠牲になってなんぼだというのが私の持論でして...きっと自分でも意識しないでユノのお父さんである王様にこんな感じを重ねてたんでしょうね(*´艸`*)

私は責任感の強いユノが好きなので…
まあだいたい全部好きなんですけど(*´ω`)エヘヘ
とか言いつつ、大好きなくせに文句ばっか言ってる小学生レベルのゆんちゃすみです(笑)

「至愛」のタイトルをお願いした時に、アリーさんがチャンミンのロングヘアバージョンとショートヘアバージョンの二つを作って下さったんです

どちらも素敵だったので、この様に事実を打ち明ける時にチャンミンの髪を切るという場面を作りましたヽ(*^^*)ノ
2016-11-12 Sat 15:45 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
こんにちは〜
コメントありがとうございます(*´∀`)

ありをぉぉぉぉΣ(°∀° )
ちょっと!!すっごい真面目なコメント過ぎて、誰のコメントだか分からなかったじゃない(。>Д<)
ありをったら、何か変な物でも食べたんじゃないの( ✧Д✧) カッ!!すみをがつきっきりで背中さすってあげるから、全部出しちゃいなさい(。-∀-)

そうなのよぉ!!
自分のせいでキュヒョンが苦しい恋をする事になるとは、ぬりかべババアも思ってなかったのよね…
でもA〇iさんとく〇ちゃんさんが、キュヒョンとチャンミンが絡んだりしたら激おこぷんぷん丸になって、すみをフルボッコになりそうだから...ほどほどにしておこうと思ってるんだけどぉ(((^^;)

ありを!!すみをもドームでオニュの歌い始め見た時はちょっと吹いたんだけど、途中から本気で聞き入って鳥肌立ったのよ〜
2016-11-12 Sat 16:05 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。