FC2ブログ
縁結 第2章 ~至愛 43~
2016-10-26 Wed 18:00


このお話は「宮~love in palace~」のパロディです
ご承知おきください




side Crown Princess? Changmin



ユンホ殿下に愛されているという実感をこれ以上ないくらいに感じていた



過去はもういい
今、この人の愛を受ける事が出来るのは僕だけだ



男同士という神に許されない愛だとしても
僕たちは愛し合っているのだから…



僕の身体に残されていく愛の印は
時にチリチリとした痛みを伴い



ユンホ殿下の最大の愛を受け止める時は
身体が仰け反ってしまう程の痛みも伴う



でも…今朝は
ユンホ殿下の事を求める僕の想いが高まっていたからか、愛している人と結ばれているという喜びしか感じなかった



『チャンミナ…ごめんな、辛かった?』



補液が終わりそうな点滴がまだ繋がれたままの僕の身体…
汗でべたべたになってしまった身体を丁寧に拭きながら、殿下がおっしゃる



それは愛の行為の事を言っているんだと思ったけれど、僕にはユンホ殿下がいらっしゃらなかった数日の事を言っているように聞こえてしまう



「謝らないで…ユンホ様…」



僕は愛しい人の首に手を伸ばし、自分の胸元に引き寄せる



この人は僕だけのものだ…
その想いでユンホ殿下の背中を抱きしめた



『チャンミナ…愛してるよ』



僕の頰を撫でて、ユンホ殿下がおっしゃる
一つの困難を越えて、僕たちはまた愛を深められたんだと思う



僕を見つめる殿下の目は、その中に僕を映している



他の人を映すことなどない…
その現実をしっかり胸にしまう



ユンホ殿下のその唇が触れるのも
僕の身体だけだ…



ご自分が残したばかりの愛の印を再びひとつずつ確認するように、口づけてゆくユンホ殿下



そんな甘い時間を、イ内官の静かな声が制止する



イ内官が入って来ることはないと分かっていても、やっぱり僕にはまだまだ恥ずかしくて
思わず布団を手繰り寄せて頭からすっぽりかぶる



ユンホ殿下は微笑みながら僕を軽々と抱き上げて、ベッドに戻してくださった



僕はうつ伏せになった殿下を仰向けにするのが精一杯なのに…
同じ男なのに、こんな事でもドキっとしてしまう自分がなんかちょっと照れる



部屋を後にされたユンホ殿下
僕も急いでベッドの下に脱いだままの寝間着を着て、次にかかるであろう尚宮さんの声を待った



コ尚宮さんと共に入って来た医女に脈などを診られ、点滴も外してもらう
《あとはしっかりお食事をお摂りくださいませ》と言い、医女は下がっていった



《嬪宮様の好物を用意せよ、という皇太子殿下の仰せでしたので今朝は朝食からお肉がございますよ。しっかりお召し上がりください》



コ尚宮さんはそう言って微笑んだ



『嬪宮様…よく堪えられましたね。昨日はテミン様も心配されて泣きながらお戻りになられました。あの様なお可愛らしいお姿で、皇太子殿下の胸倉を掴んで詰め寄られたそうです》



テミナ…そんなこと…



〈オンニぃぃ~~!!入るよぉ~?もう大丈夫だよねっ!僕のね、大好きなとんかつも朝からあるってよ!早く食べに行こう〉



そんな話を聞いている側からご機嫌なテミンの声が聞こえ、ドタドタと部屋に入ってきた



ベッドの上に居る僕の元にダイブして抱きついてくる



〈よかった、顔色もうんといいよ〉



そう言って嬉しそうにするテミンに「僕は朝からとんかつはちょっと…」と遠慮して言う



〈えー!!朝から運動してお腹空いてるでしょぉ?!あっ、僕聞いてた訳じゃないよ?ヒョンの胸元に付いてる赤い跡も見えてないからぁー〉



・・・・・
テッ、テミナっっ!!!何てことをっ!!!



真っ赤になった僕が、抱きついていたテミンをねじ伏せて新技のサソリ固めをお見舞いしたのはいうまでもない



サソリ固めでギブアップしたテミンを置いて支度をし、東宮殿の食堂に向かう
尚宮さんのいう通り、食卓には僕とテミンの好物ばかりが並んでいた



ゲンキンなもので
精神的に不安が取り除かれれば真っ先に回復する僕の食欲に任せて、しっかり食事を摂った



みんなに心配させてしまったから…
もう大丈夫だという姿を見せなければならない



大学に行きあの人にも見せよう
僕がユンホ殿下を愛して、そして愛されているという事実をしっかり見て欲しい



僕の嫉妬心がそうさせるんじゃない
現実を見ることが大切な事だと思ったから



頰に目一杯とんかつを詰め込むテミンを見ながら、そんな事を考えた







「皇太子殿下はまだ大殿においでですか?」



朝食の時間を終えて、大学と高校に行く支度をそれぞれにしながら尚宮さんに尋ねる



《緊急の王族会議が開かれる事になったので、殿下は今日も大学はお休みなさるそうです。詳しくはまだ聞いておりませんが、嬪宮様はもう心配をなさる事はございませんよ》



髪をセットしてくれたコ尚宮さんはそう言って、笑顔になる
用意していた僕のバッグを渡してくれて



《ユンホ殿下がいらっしゃれば…大丈夫でございましょう?》



とテミンみたいにニヤけた



「んもぅ!!尚宮さんまでっ!!」



真っ赤になる顔を手でパタパタ仰ぎながらバッグを持ち、玄関に早歩きで向かった



ひとつの大きな壁を越えられたという安堵感を持ち、車に乗り込んだ僕は



同じ頃
大殿で僕たちにも関係する大きな決定が成された事をまだ知る由もなかった






ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 至愛 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<縁結 第2章 ~至愛 44~ | TVXQ 〜Vertigo〜 | 渇欲 10>>
この記事のコメント
すみを~♡
ただいまー‼
ハニーが帰ってきたわよ~♡
久しぶりの1拍手もGetよぉ~♡
すみを、今日は本当に良かったわ♡
(゚゚;)(。。;))((;゚゚)(;。。) ソワソワしてたからLINEが入った瞬間、小さくガッツポーズして東MAXに( ´・д・)ン?って顔されたわ((´∀`))ケラケラ

テミンー‼
直球投げるわよねぇヾ(●^▽^●)ノわはは♪
朝から運動したらってーヾ(●^▽^●)ノわはは♪
作者の罠と気付きながらも、テミンがいい子で可愛くって仕方ないわ( ✧Д✧) カッ!!
見事に罠にかかってるわよ( ✧Д✧) カッ!!
でも、陰謀渦巻く王宮の中で、2人の一番の味方だから、これからも頑張ってね‼
キュヒョンとチャンミンの邪魔もしちゃってよぉ‼
ことキュヒョンに関してはテミンだけが頼りなんだからぁ‼
2016-10-26 Wed 18:35 | URL | Ali #- [内容変更]
すみを良かったわ♡(๑¯ ³¯๑)
こんばんは〜♡(๑¯ ³¯๑)
うんうん♡今日は 10時になったら
ソワソワ(゚ロ゚;三;゚ロ゚)して 仕事しながら
ずっと気になってたけど
何もなくてε-(´∀`*)ホッとしたわ(´;д;`)
やっぱりMAX応援団の 強烈な念が
届いたようね( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

あーーん チャンミンったら 
点滴しながら あんな事やこんな事したゃって
しっかりとユンホ殿下との愛を
再確認したわよね( ✧Д✧) カッ!!
身体中につけられた愛の証を
しっかり見てる|д・)…テミン!!((´∀`))ケラケラ
つい口に出して言っちゃうから
チャンミンに サソリ固めされちゃった((´∀`))ケラケラ

でもさしっかり作者の陰謀で
テミンの大好物の トンカツが朝から
出てるのには 目が( ✧Д✧) カッ!!って
なったけど テミンは
兄想いの良い子だから
ここは 大目に見るわ(๑•̀ㅂ•́)و✧
なんだかんだ 良く見てるんだよね!この子!!
侮れないわ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!

さっ また今から日本シリーズを
見なきゃ(๑•̀ㅂ•́)و✧
なんだかんだ みんな見てるよ( ̄∀ ̄;)
昨日の試合は応援しながら
LINEしながら 笑いながら 忙しかったわ( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)
2016-10-26 Wed 19:38 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-10-26 Wed 21:01 | | # [内容変更]
Re: Ali様
こんにちはぁ
コメントありがとうございます(*´∀`)

うひひ♡ハニー一拍手ありがとう♡
ちゃんとトイレも行ったのね…(≧∇≦*)

すみを、仕事先からトイレを我慢して帰ってくると、鍵開けてドア開けた瞬間に犬が飛びついてくるから...あまりの衝撃に漏らしそうになるのよ(;Д;)ギャー!それでなくとも加齢で緩んでるっていうのに...って何でシモの話(-∀-`; )

うちの犬はあの大きさだからね、飛びかかられる時はこっちも構えてないと大変なのよ( ✧Д✧) カッ!!

昨日は本当にご心配をおかけしました
東MAXにそんな顔させちゃったのね?ここでこんなにネタにされてるとは思ってないだろうね((´∀`*))ヶラヶラ

(*ФωФ)フフフ…
まんまと作者の陰謀にハマったのね?
120%くらいに可愛さ増量で書いてるって思ったら大きな間違いよ( ✧Д✧) カッ!!
来年を楽しみにしてなさい...( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・( ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!
2016-10-27 Thu 15:09 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんにちはぁ
コメントありがとうございます(o^^o)

昨日は本当にご心配をおかけしました
MAX応援団からの熱い念が送られてきて...エスカレーターに乗りながら寒気がしたわ( ✧Д✧) カッ!!
って言うのは冗談で、旦那よりも何よりも心強かったです
ありがとう(ノ*>∀<)ノ♡

くみをが心配してた通り...チャンミンったら点滴しながらユンホ殿下とあんな事やこんな事をしちゃったらしいです┐(´д`)┌ヤレヤレ

点滴してると服が脱ぎにくいはず!!
袖に補液を通さないと脱げないし、心臓より下げると血が逆流するし(((;°Д°;))))
きっとユンホ殿下の事だから…そんな丁寧に脱がせるとは思えない!きっと点滴してる方の腕には服がぶら下がってた筈だわ…(-∀-`; )

そうよ!作者の陰謀で朝からトンカツ!!
テ〇ンくんがトンカツ食べてるのを見るだけで、すみをはお茶碗三膳いっちゃいます( ✧Д✧) カッ!!
チャンミン同様、ほっぺたいっぱいに詰め込んで食べる姿だけで(*´Д`)ハァハァしちゃう←変態
2016-10-27 Thu 15:36 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: りょ****様
こちらにもコメントを(*´∀人)ありがとうございます♪

(*ФωФ)フフフ…
トンカツですか!偶然ですね

今まではあまり作らなかったのですが、テミンくんの好物と知って以来よく作る単純な私です(-∀-`; )

食べさせる相手はちょっとあれなんですけどね…
(´・ω・`) ショボーン
2016-10-27 Thu 15:51 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |