FC2ブログ
微睡
2016-09-13 Tue 18:00


このお話はフィクションです
実在の人物には一切関係が有りません
ご了承ください






ああ…もう…
なんだよっっ、ヤメロって



気持ちいい
よくわかんないけど気持ちいいんだ



夢か?現実か?わかんねーけど
彷徨う俺の意識は身体のどこかに与えられている刺激をそう捉えて



俺はさっき…
確か急に空き時間が出来て
控室のソファーでウトウトしてたはず



いや…違うな
今俺は…揚州にいるんだから



今日は休暇をもらって、それで…



………



チャンミナ?
やっぱりおまえか?そうだよな?



いや、俺はまだ起きてないぞ?
夢なのかよ?それともコレは現実か?



まっ、どっちでもいいか



夢だとしても現実だとしても、こんな風に幸せな気持ちになってるという事は



チャンミン…
きっとおまえがそばにいるっていう証拠だからな…



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



あれからもう一年が経ったんだな



当たり前の生活が、当たり前じゃなくなる
そんな状況になって



こんな俺でも、馴染むのには案外時間がかかった



周りの仲間はみんないいヤツばかりだし
本来の仕事を活かすような活動をメインにさせて貰ってるから、苦労するような事も少ない



だけどさ



隣にいるあいつが…
いつも当たり前のように俺の横に立っているあいつが居ないんだ



これには…
一年が過ぎた今でも慣れる事が出来ない



チャンミナ…



おまえも割と楽しそうにやってるじゃないか
シウォンとドンへが一緒だという事で、俺も安心だという気持ち半分、羨ましいなという気持ち半分という感じかな



っていうか
羨ましい、よりか
ジェラシーを感じてるっていうのが正確だけど



一度会ってしまえば
次も会いたくなる…



次に会えたとしても
その次に会う事を約束出来ないかも知れない



だから…
機会が出来ても俺は友達と過ごすようにして、おまえに会いに行く事はあえてせずにいた



それはチャンミンも同じみたいで
休暇があっても俺に会いに来ることは無かった



もしかしたら…
あいつは意地っ張りだから、俺が会いに来ない事に腹を立てていて



「ヒョンがその気なら僕だって!」くらいに息巻いているのかも知れないけどさ



そうこうしているうちに
俺自身は兵役に就いてから一年が経ち
チャンミンもまた、兵役の残りが一年を切った



こんな風に“一年”という区切りが
その内容は大きく違ったとしても、同じ“一年”だという事すら嬉しかったりする



そんな思いが
とうとう俺の我慢のメーターを振り切って
あいつに会いに行こうという決断をさせた



こまめに様子を見に来てくれるマネヒョンに、チャンミンの様子を尋ねる
週末の休日には比較的自由に行動していると教えてもらった



〈うちのカフェにもよく来てるよ。チャンミンのやつ、最初は地下鉄で迷子になったらしくてさ〉



あはは、と笑うマネヒョン
そんな話を聞いたら俺の心配のメーターも振り切ってしまったみたいで



しっかり者のくせに、時々そんな子供みたいな失敗をやらかすあいつが…気になって仕方がなくなった



俺ってばちょっとした事で利き手を怪我しちゃって、チャンミンにダイレクトに連絡したくても、うまく文字が打てなくて



正直にマネヒョンへ、チャンミンに会いたいと伝えた
そして段取りを付けてもらい、チャンミンに会った



俺が嬉しさを隠しきれないで『チャンミナァ!』と笑顔で言ったというのに
あいつったら、ものすごく普通の顔で敬礼しやがった



なんだよぉ~
おまえ…実は俺と会わないで済んでて超ラッキー!ぐらいに思ってたのかよ?



俺だけなのか?
会いたくて会いたくて我慢してたのは…



でも次の瞬間俺は
相変わらずしっかりと鍛え上げた、美しい筋肉の付く腕に抱きしめられていた



「ヒョン…お腹にお肉つき過ぎだってば」



耳元でそんな事を言い、離れたチャンミンは
満面の笑みを浮かべていた



面目ない…ってそうじゃなくて!!
すごく久しぶりに会ったのに第一声がそれかよ!
いつまで経ってもおまえは毒舌マンネだなっ!



そう…
俺だけの永遠のマンネで
永遠の…愛しいパートナーだ






二人きりになってからも
毒舌マンネの“口”撃は止まず
俺は返す言葉もなくて、しゅんとしていた



本当だったら有無を言わさずその毒舌を吐く口を塞いでしまうんだけれど、怪我をしているからそうもいかず…チャンミンの前でちんまり座って叱言にひたすら耐えていた



でも…言いたい事を全部言い終えたのか
チャンミンはいきなりデレモードに突入して、じゃれついてきたんだ



この一、二年でチャンミンはグッとイイ男になった



もちろん昔から男前だったけれど兵役を控えて腹が据わったのか、今まではいつも俺の後ろに居るだけだったあいつが、俺を守ろうという雰囲気になっていた



でも今こうしてじゃれついている様はいつまで経っても変わらなくて、大人びたなと感じていたチャンミンの顔も、出会った頃のまんまだった



そんなチャンミンがあまりにも可愛くて、もう一つの我慢のメーターも振り切れそうになる
逆の手でチャンミンにいたずらしようとしてもうまくいかず、悪戦苦闘した



「ヒョン、僕が全部やるから…ヒョンはジッとしてればいいよ」



俺の身体を急に押し倒しそう言ったチャンミンは
出会った頃の様なあどけなさは一切影を潜め…俺だけに見せてくれるいつもの艶めいた顔になっていた



きっとチャンミンにいい様にされて、訓練で疲れてた俺は気持ち良さの余り呆気なく寝ちゃったのかもしれないな



微睡みの中でも
身体に充実感と幸福感を感じるくらいにさ



夢と現実を彷徨いながらも徐々に覚醒してくる俺の頭
そしてどうやら、違うところも覚醒しているみたいだ



目を開けるとそこには
頬を膨らましたチャンミンがいた



「僕に任せてとは言ったけど、寝るってどういうこと?ヒョンにはお仕置きが必要みたいだな…覚悟してね?」



昼間怒られた事は…今すぐ痩せられないから無理だけど、そっちのお仕置きだったら喜んで覚悟します、チャンミン様!



俺の上で服を脱ぐチャンミンのきれいな筋肉を見ながら微睡みの名残を楽しむ



怒られた事はとりあえず置いといて、チャンミンの甘いお仕置きを今は受けよう



もう一年…
あと一年…



これからも、永遠に
おまえと“一年”を過ごしていければいいな







親愛なる皆様へ

一年間本当にどうもありがとうございました



タイトルを提供して下さったAli様

お忙しい中いつもありがとうございます



ゆんちゃすみ





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 短篇 | コメント:15 | ∧top | under∨
<<縁結 第2章 ~至愛 12~ | TVXQ 〜Vertigo〜 | 縁結 第2章 ~至愛 11~>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-13 Tue 18:27 | | # [内容変更]
すみを~♡

一周年おめでとー♡
(o'д')ノ☆゚。+。Congratulations。+。゚☆ヽ('д'o)
そして一年間頑張って続けてくれて(人´∀`)アリガトー♪

きゃ~ん♡
つい最近の2人の逢瀬だわぁ♡♡♡
その後の2人に萌え萌えしたわぁ♡

すみを…
お話を書くのはとってもとっても大変だと思います‼
ありをなんてコメント書くだけでも悪戦苦闘だから、いつも素敵なお話を書いて癒しをくれるすみををすっごく尊敬してるんですよぉ♡
でも、くれぐれも無理をしないでね‼
疲れがたまると体のあちこちが悲鳴をあげるから、今回のお目目も体の悲鳴だったんだと思うよ(´;ω;`)ウッ…

これからも、ありをの画像で素敵なお話を綴ってね♡
良き相棒&双子でいてね~♡
2016-09-13 Tue 21:14 | URL | Ali #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-13 Tue 22:06 | | # [内容変更]
【ネ兄】1周年才×〒\├-★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
すみをーー ブログ1周年
【ネ兄】才×〒\├-★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪🎉🎉🎉🎉

あっという間の1年だったね。:+((*´艸`))+:。


ってか
すみをーーーー(#゚Д゚)ゴルァ!!ヾ(。`Д´。)ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
ありをにタイトル名お願いした??(゚Д゚)ハァ?
…………(´;ω;`)ウッ…しらない……

って15日から再開するって言って
穴に潜伏中だったのは
何処のどいつじゃーーーーーーーーヾ(。`Д´。)
(´;ω;`)ウッ…
(´;ω;`)ウッ…
ブログ1周年ってわかってたのに
ブログお休みだから
朝から 仕事の支度もしないで
LINEうったのに……(´;ω;`)ウッ…
ここの最終話からコメしようとしたけど
あゆさんがサプライズしてくれたから
そこからお祝いしようと行ったのに……(´;ω;`)ウッ…

くみを めっちゃ凹んでます_| ̄|○バタン💦💦
さっき ありをがLINEで教えてくれなきゃ
知らなかったしーーーーー
すみをの馬鹿ーーーーーヾ(。`Д´。)

でも なんか今日のお話リアルのお話みたいで
ほっこりしたよε-(´∀`*)ホッ
絶対太ったユノに チャンミンは
あー言ったはずだな!!って(笑)♡
手を怪我したユノの代わりに
絶対チャンミンがサービスしたなと( ✧Д✧) カッ!!
タイの写真集も激萌えのやつが出そう出し
後1年乗り越えそうだねっ♡(๑¯ ³¯๑)
これも すみをやあゆさん達ブロガー様達が
トン不足を埋めてくれて
こんなに素敵なトン友を沢山作って
くれたからだよね★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
いつも お話書いてくれてありがとう♥
でも 身体をイジメたらダメだから(b´∀`)ネッ!
すみをは頑張り屋さんだから♡(๑¯ ³¯๑)

あーでも今度はくみをが穴に潜伏するかもよ(´;д;`)
2016-09-13 Tue 22:29 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-14 Wed 06:34 | | # [内容変更]
書いてあった……ねっ………|д゚)チラッ
すみを ォ'`ョ━━(。・∀・)ノ━━ゥ★
………あれから記事を読み直したら
最後に書いてあったね……|д゚)チラッ
当日 短編をって………|д゚)チラッ|д゚)チラッ
全然そこ見てなかったーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。←
←←←ってヾ(゚Д゚ )ォィォィ

すみを ミヤネ🙏🙏🙏
記事をすっ飛ばして読んでた上
目が悪くてお話し書ける状態じゃなかったから
勝手に勘違いして ごめんね(இдஇ; )
ちょっと 寂しくて スネオ君に
なってしまったくみをでした……|д゚)チラッ|д゚)チラッ
すみをーーー
サランヘーーーー♡(๑¯ ³¯๑)

罰として校庭10周走って来ます( ー`дー´)キリッ
2016-09-14 Wed 06:35 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
おはようございます♪♪
リアル、リアル(♡ >ω< ♡)
読んでてなんか…うるっときちゃった(இoஇ; ) リアルさと、すみをちゃん目が大変なのに一生懸命書いてる姿が浮かんで…(இoஇ; ) ほら、コメント書いててもうるうるするよ(இoஇ; )

ブログ開始から1年と1日(*^^*)おめでとう♪♪
これからもお話し楽しみにしてるよ♡ すみをちゃんのペースで無理せず書いてね♡これからもよろしくお願いします♪♪
2016-09-14 Wed 08:37 | URL | カプリコ #- [内容変更]
Re: りょ****様
おはようございます
コメントありがとうございます!
お祝いの言葉を頂いてとっても嬉しいですo(>∀<*)o

一年前に自分が書いた物を見るのも恥ずかしいのですが...あの時はこうしてブログ開設一周年を迎えられるとは思ってもみませんでした(><。)

ひとえに一年経っても進歩の見られない私の所にそれでも来てくださるりょ****さんをはじめお優しい読書様のおかげです(ToT)

これからもこんな私ですが、お付き合い頂ければ幸いです♡今日は本当にありがとうございました!
2016-09-14 Wed 09:07 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
おはようございます
お祝いのお言葉を頂いて、本当にありがとうございます!

せっかくの一周年をこんな風に自分が痛手をおってる状況で迎えるというのも私らしいというか(;´Д`)いい意味でも悪い意味でも、何だかそんな風に感じました

折々で何度も言っていると思うんですが...
一年前のあの時、私にも出来るだろうか?と試しに書いてみて...師匠であるあゆさんの次に打ち明けたのがありをでした
というのも「華筏」はあゆさんの所からお邪魔する様になったありをの作品を見て、ありをの作品を絵画に見立てて書いたお話だったので、無理言ってありをに読んでもらったんですよね

あれから一年
ありをはあゆさんをはじめ、すごい作家さんのお話も手がける様になってますます身の丈にそぐわない気持ちでありをの作品を変わらず使わせて貰っている事に改めてお礼を言いたいです

今まで本当にありがとうございました
2016-09-14 Wed 09:19 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ca***c***様
おはようございます
お祝いのお言葉を頂いて...どうもありがとうございます!とても嬉しいです( *´艸`)

私の方こそca***c***さんにいつもすごく励まして貰えて本当に感謝しております。頂いたコメントにどれだけ元気を貰えたか分かりませんよぉ(ToT)
どうも内向的に考えてひとりでぐるぐる悩む傾向がある私に、いつもこの上ない栄養剤を与えてくださる事に、改めてお礼を申し上げたいです

あいにくブログ開設一周年という時に、絶不調になるという失態をおかしてしまいました(><。)

おかげさまで病院に行ったのでものもらいはきれいに治りました。しばらく眼帯姿でしたので、感覚がうまく取れず狭い家であちこちをぶつけアザにしました(笑)

これからもこんな私ではございますが、お付き合い頂ければ幸いです♡今日は本当にありがとうございました!
2016-09-14 Wed 09:35 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
おはようございます
お祝いのお言葉を頂いて...嬉しいです!((o(*>ω<*)o))
そしてご心配をおかけして申し訳ありませんでした

覚えていますか?
一年前のあの時も、どうしてお話を書き始めている事を最初に教えてくれなかったのかと貴女に怒られましたね

あの時は...多くの大物作家さんのお話をたくさん読んでいらっしゃるくみちゃんさんに、私の様な素人が書いた物をお見せするのが恥ずかしかったのが一つ。あゆさんの元でもはや身内同然になっていた事もあって気はずかしい気持ちもありつつ、その身内がしっかり一つの物を作れる様になってからきちんと報告したかったのが一つでした

あれから一年
こんな風にあっという間に思えるくらい、濃密な日々を送れた事はもちろん貴女という大きな存在があってこそでした
どんな事があっても私の綴る拙いお話を忙しい時間帯をさいて見に来て下さり、コメントを頂く事で励ましてくださった事に心から感謝しております

一年間、本当にありがとうございました
2016-09-14 Wed 09:48 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユ****様
おはようございます
お祝いのお言葉を頂き、どうもありがとうございました!嬉しいです(*ノ>∇<)ノ♡

何だかそんな風に思って頂けて...恥ずかしいです
一年経っても進歩の見られない私だと思うんですが、ユ****さんがそうおっしゃってくださった事ですごく励みになります(ToT)

内向的にひとりでぐるぐる悩む傾向がある私なので、そういう時に頂く温かいお言葉にどれほど助けていただいたか分かりません...

そして怒られる、なんておっしゃっていましたが、私は実に感動してしまいました( *´艸`)的確すぎる〜って思いましたよぉ♡

彼らの間には、私達が知らない多くの絆があると思います。それぞれの見方があると思いますが、私はあの日の雰囲気をこんな風に見ました

かっこいいユノが大好きですが、こんな感じでちょっと拗ねるユノも大好きです(//∇//)

いつも励まして下さりありがとうございます
これからも変わらずお付き合い頂ければ嬉しいです♡
2016-09-14 Wed 10:01 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: カプリコ様
こんにちは
お祝いのお言葉を頂き、とっても嬉しいです!本当にありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

うわーん゚゚(´O`)°゚ 泣かせないで下さい〜
本当だったらちゃんと連載しているお話も休まず、記念日を迎えたかったんです...早めに書けば良かったものの、皆さん同様私もホミン欠乏症なもので何も閃かず( ノД`)

目が痛い+うるさいのが休みで居るという事で休む事を決意した時までに何とかこの短篇が出来たので、Aliさんの過去の作品を頂いて記念日の作品としました(o´艸`)

色々な方を通して知り合ったこの縁を大事にしたいです!お会いしましょう!!と言いながら、初めてお会いするのがトンのライブではなくEX〇(←伏せ字なのにそう見えない)だったらどうしましょう(笑)
2016-09-14 Wed 12:43 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-14 Wed 15:34 | | # [内容変更]
Re: al***様
こんにちは!
お祝いのお言葉を頂いてとっても嬉しいです٩(ˊᗜˋ*)و

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした(TT)
おかげさまでものもらいはすっかり良くなりました♡
その分負担をかけていたもう片方の目が痛くなったせいで、スマホ断絶の苦行をしておりました

この年になってどれだけスマホ依存だったのかと恥ずかしくなりつつ、うるさい主人の独り言に耐えるという武者修行を無事終えた次第です(笑)

いつもひとりでぐるぐる悩む傾向がある私ですが、そんな時al***さんに頂戴した温かいお言葉にどれだけ励まして頂いたか分かりません

一年経ってもなかなか進歩の見られない私です
そんな私ですが、空想のお話だとしても自分が感じた大好きな二人を描いていけたらいいなぁ...厚かましくも思っております

今日頂いた嬉しいお言葉を大事に胸にしまって、心が折れそうな時に支えにしたいです

本当にありがとうございました(´>∀<`)
2016-09-14 Wed 16:50 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |