FC2ブログ
眷恋 (後篇)
2016-05-22 Sun 18:00



拍手50000回記念に作りました
よろしければお付き合いください

あくまで個人の妄想で
実在の人物とは一切関係ありません

五人時代に触れています
ご注意ください





side Y



『チャンミナ…じゃあ明日から俺が“おはようのキス”をしてあげる』



・・・・・俺は今何を言ったんだ?



正直言って俺は酒にはめっぽう弱い
こんな子供騙しのカクテルを二本程度飲んだだけで、自分で何を言ってるかわかんないほど酔ったのか?



目の前で俺に手を握られうつむいていたチャンミンは急に顔を上げた



「いいの?ヒョン…うれしい…じゃあ僕、寝るね」



チャンミンは聞き取るのもやっとなくらいの小さな声でボソボソ言って、自分のベッドに潜り込んだ



えーっと…
って事はだ。
俺は明日の朝、チャンミンにキスをすればいいんだな?



・・・・・



オォイ!!ちょっと待て!!
どうして俺はこんなに胸がドキドキしてるんだよっ!



チャンミンは男だぞ?!
ドキドキしてる場合じゃないし、そもそも男にキスって俺は何を言っちゃってるんだよ



チャンミンもチャンミンだ!!



「いいの?」じゃねぇだろっ!!
「何言ってんの?」だろっ、そこは!!



俺はすっかり酔いも醒め(と言いつつ、酔ってたかどうかも微妙だけどさ)隣のベッドで丸くなっているチャンミンを見やる



チャンミンはあっという間に夢の世界に入っていったようで、酔ってた割に静かな寝息を立てていた



いや、確かにこいつは可愛い
マンネだし、目をかけてきたっていうのも正直な気持ちだ



気づくと隣に居て俺の世話を焼いてくれるし
俺の話すことをすぐ隣にいるというのにジッと見つめながら熱心に聞いてくれるし…



かといって、それは男同士でキスする理由にはならない



頭ではそう思いつつも



さっきの潤んだ目とか
ちょっと半開きになってた口とか
男のくせに妙に細いうなじとかが



目に焼き付いてしまって消えてくれないんだ
どうしたんだろ…俺は



ゆっくりと寝ているチャンミンに近づいた



細くて大きな身体を器用に丸めて
胸の前で手を揃えて布団にくるまっていた



スースーと規則正しく寝息が聞こえて
ちょっと大きめの口はぎゅっと真一文字に閉じられている



睫毛が長い…
大きな目を閉じていても、可愛い顔だってわかる



なぜだろう
俺の手は見えない何かに操られるように
彼の頭を撫でた



チャンミナ…
まだまだ親に甘えたい頃からおまえは俺のそばに居てくれたよな



「ヒョン!はいっどうぞ」



そう言いながらレッスンの合間に飲み物を持ってきてくれたり



可愛らしい顔で俺を見上げていたおまえは
いつの間にか俺よりも大きくなって



なぜかそれを気にして、猫背になってさ



年下だから時に甘える事もあったけれど
大勢の兄達に気を配るのは大変だったと思う



“おはようのキス”をしてくれなくて
っていう感情なんかわかんない
そんな風に真剣に悩むのも、おまえが根は真面目だからだ



チャンミンの丸い後頭部を撫でながら、そんなことを思う



愛おしい
可愛い



この気持ちは間違いない
自分でもよくわかってる



その上のよくわからない感情は
今はまだわかんなくてもいいか…



俺はチャンミンのベッドに潜り込んで彼の背の方に自分の身体を横たえた



そして自分の意図もよくわからないまま目の前の後頭部に口づけて、目を閉じた






腕の中の温かい存在が
俺の心を穏やかにしてくれる



自分の頭の中でどう認識しているのかわからないのに、俺の腕はその温かい存在を抱え込むんだ



夢と現を行ったり来たりしながら
モソモソと動くその存在がチャンミンだと認識した



目を開けると
背を向けていたはずのチャンミンが俺の腕の中で身体を反転させて、大きなその目でジッと見ていた



意識して、した事じゃない
昨日の一件が頭に残っていたのは事実だけれど



俺を上目遣いで見つめるチャンミンの頬を親指で撫で…俺はその唇に吸い寄せられた



『おはよ、チャンミン』


「…ユノヒョン…おはよ…」



唇が離れて互いに挨拶を交わす
チャンミンは少し顔を赤らめて、俺の胸元に顔を埋めた



「ヒョン…起きる時間にはまだ30分ありますから」



チャンミンはそう言って、もう一度目を閉じた
俺も『そっか…じゃあいいか』と彼に続けて目を瞑った



あまりにも自然に“おはようのキス”は交わされた
そしてその日から、後から風呂に入った方がもう片方の寝ているベッドに潜り込むのが普通になった



翌朝のキスも自然に交わされ
そのまた翌朝のキスもどちらからともなく交わされる



そのあとは、二人とも何事もなかったように普通にリビングに顔を出しみんなで飯を食い、支度をして仕事に行った



そんな風にして
俺とチャンミンの“おはようのキス”は日常化していった






この日は、俺
疲れが溜まってたのかな
それとも、どうかしてたのかな



それとも…それとも訳のわからなかった感情が、チャンミンの事が好きだと言う事だと気づいてしまったからだったのかな



いつものように寝ているチャンミンの横に身体を滑り込ませて、腕を回す
俺が来た事を夢の中でも気づいたのか、モゾモゾと動くチャンミン



「……っんっ……ユノ…ヒョ……」



彼が寝ぼけて言った言葉がなぜか色っぽく聞こえた俺は、下半身に血が集まっていくことに気づき慌てた



やべっ…俺ってば何で勃ってるんだよっ!



色々な事情と自然な流れでキスを交わすようになって、俺はチャンミンが好きだという自分の感情にも気づいたけれど



同性の、ましてや自分のグループのメンバー相手にソコを勃ててるなんて、本当にどうしちゃったんだよ…



俺は逃げるように自分のベッドに潜り込んで、ただひたすらソコが落ち着いてくれる事を待った



翌朝
そのまま寝てしまった俺は久しぶりに一人で目覚めた



いつも自分の側に居た温かい存在は当然なくて
隣のベッドを見てもチャンミンは居なかった



たった数日で
チャンミンの温もりがすぐそばにある事が当たり前になってたと実感する



でもさ…
これ以上一緒に寝て
“おはようのキス”を続けたら




もう、なんかダメな気がする



自分が自分じゃなくなってきてる気がして
チャンミンの事を…本当に好きになっちゃったみたいで、なんかこわいんだ



あいつを抱きしめて
アレがああなっちゃっただなんて…ヤバイだろ



チャンミンの事を…
抱きたいって身体が言ってるようなもんだから



頭をガシガシかきながらリビングに入ると
他のメンバーは誰も居なくて、チャンミンだけがソファーに座り、ゲームをしていた



足音に気づき振り返るチャンミン
俺だと認識した途端、今まで見た事が無いような大人びた表情をした



切ないような
苦しそうな顔



ああ…
きっとこんな気持ちなのかな
あの歌詞にこめられた心情っていうのは



あの曲は、他の女の子といたという噂を聞いた彼女が怒ってキスをしてくれなかったっていう意味だけど



俺たちはもっと複雑な気持ちなんじゃないか?



チャンミンのそんな苦しそうな表情が堪らなくて
俺はソファーの後ろから彼を抱きしめた



『ごめんな、チャンミン』


「ユノヒョン…僕、なんだかどうしよう…』



ついこの間と同じようなセリフを言うチャンミン
そして俺は上ずってしまったこの間よりも落ち着いて聞いた



『どうした?チャンミナ…ヒョンに言って?』



毎朝嗅いでいたチャンミンのシャンプーの香りが鼻をくすぐって、抱きしめる腕に思わず力がこもる



「ヒョンが…僕…ユノヒョンが好きだ」



チャンミンは抱きしめた俺の腕に自分の手を重ねた



チャンミナ…
なんか、俺たち
一気に両思いになっちゃったぞ



でもさ
恋なんて始まるときのルールなんかないんだから
これでいいんだ



大人になったおまえで
この曲を歌ってくれ



抱きしめていたい5分だけでも
感じ合ったその続きは …tonight




今夜
俺のものになってくれ






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 短篇 | コメント:13 | ∧top | under∨
<<今後の更新につきまして | TVXQ 〜Vertigo〜 | 眷恋 (前篇)>>
この記事のコメント
今夜俺のものになってくれ(●ノωノ)テレ💖
ゆんちゃすみさん こんばんは〜♡
つかの間の実家は ゆっくり出来たかしら??
帰って来たら いつもの日常に
逆戻りだからね(´ω`)トホホ…

ちょっとちょっと なんかヒョンとマンネから
一気に恋人みたいな関係に変わって行く様子が
リアルに感じられるわぁ〜(*´∀`)
酔っぱらってるからって
おはようのキスを朝からしてやる!!って
言うユノもユノだけど
嬉しがって 了解するチャンミンもチャンミンだよね♡
朝起きたら あのバンビアイが目の前で
じっとみつめてたら(*σ σ*)
心臓口から飛び出すわ(・:゚д゚:・)ハァハァっ
それなのに自然におはようのキス💋をする
ユノに天然たらしの素顔が見れるわ( ✧Д✧) カッ!!

あんな大きな男2人一緒のベッドで
リアルに寝てたあの2人!!・・・!!∑(;゚Д゚)ハッ!
この時からなのねっ(; ・`д・´) (`・д´・ ;)

確かにチャンミンって男何だけど
なんか中性的でヨジャよりも色気が
あるんだよねぇ〜 それに世話好きだし♡
いい嫁なのよね〜★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
それに気づけば そりゃ〜勃っちゃうよね( ̄∀ ̄;)

ゆんちゃすみさん 今日ずっと
穴中見てたよ( ✧Д✧) カッ!!
まっ 王道の韓国ドラマだったわ( ・ิ౪・ิ)
なんでやねん!( o•́Д•̀o)!!って
突っ込み所満載だったけど
ユノさんが 超かっこ良かったわ(๑•̀ㅂ•́)و✧
あっそれからあのチンチラを好きな
ライバル役の男優さんが
まさかのジェジュンにそっくりで
びっくりした(๑⊙ლ⊙)
家の娘も あたしがDVD見てたら
『あっこの人ジェジュンにそっくり』って
あたしと同じ事言ってたわ( ̄∀ ̄;)
2016-05-22 Sun 20:34 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
きゃー!きゃー!きゃー♡
(‥ºั⌔ºั‥ )<梨汁ぶしゃー==͟͟͞͞
あらっ‼興奮し過ぎてふなっしーになっちゃったわ‼

もうどうしてくれよう‼
可愛い‼可愛すぎるわよぉ(‥ºั⌔ºั‥ )<梨汁ぶしゃー==͟͟͞͞
リアルとお話が見事に融合しちゃってるわぁ(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾
そうなのよ‼ヒョンが喋ってる時は一生懸命上目遣いでヒョンに穴があいちゃうくらい見つめてたのよ♡
ヒョンもチャンミンの事甘やかしてるわぁ♡って思ったわぁ♡

今夜、俺のものになってくれ
きゃー♡
萌え転がってコメントがなかなか打てないわ(*´﹃`*)
ちょっと今から、HISTORY IN JAPAN(元メンは見たくないけど…)でも見るわ‼
2016-05-22 Sun 22:06 | URL | Ali #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
おはようございます
コメントありがとうございますヽ(*^^*)ノ

いかがでしたかぁ?久しぶりのリアル設定でございました٩(>ω<*)و
私が純粋に好きだった頃くらいの二人にこの様な事をさせる背徳感に苛まれつつも...本当にこんなだったらどうしよう♡と思ってしまいました(//∇//)

曲の内容を組込んでお話を書いたのは初めてでしたが、私自身はうまく曲に合わせられたかなぁと満足出来ました
くみちゃんさんにリアルに感じたとおっしゃって頂けたのなら良かったです(o^∀^o)

実家はいいですね
同じ血を持つ家族と過ごすのはそれだけで気が休まります。私は常日頃他人と生活していますからね
しかも私以外は家族ですから、尚のことです
実際に経験してよくわかりました

あな注は本当に嫌いになると思うので、頑なですが私は見なくていいです〜
2016-05-23 Mon 05:51 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
おはようございます
コメントありがとうございますヽ(*^^*)ノ

わーい、良かったです
ヾ(。゜▽゜)ノ 梨汁ブシャー:;:;.
まさかありをが喜びのあまりふなっしーになるだなん想定外でしたけれど、喜んで頂けたみたいでホッとしました♡

「追憶」でもリアル設定を書いているんですが、この頃にデキたという設定にはしていなかったので私も新鮮でしたし、曲に合わせて書くのも初めてだったので楽しかったです

今夜俺のものになってくれ
↑のセリフは、ユノヒョンのカッコよすぎるいただきます宣言でした。書いた本人も萌え転げましたよ〜♡
2016-05-23 Mon 05:58 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-05-23 Mon 15:24 | | # [内容変更]
Re: a****様
こんにちは!
コメントありがとうございます(o^^o)

暑いですねぇ(*~o~*)
a****さんがOCEANに変更したのもよーくわかります(´∀`*)ウフフ

私がこのように東方神起の二人をモチーフとしたお話を書き始めた最初の作品がリアル設定でした

その後、まだ純真な(?!)ファンだった時に書いた「東方神起日記」のメモに基づいて純真じゃなくなった(?!)私が書いたリアル設定が「追憶」というカテゴリになっているのですが、今回初めて曲に合わせて書いてみました♡
楽しんで頂けたら嬉しいです٩(>ω<*)و

あの上目遣いは...本当に反則ですよねぇ
自分も同じだけ稼いでいるのに、上目遣いでユノヒョンにあれやこれやと買わせるチャンミンはその名の通り最強ですわぁ(*´艸`*)

a****さんもぼっちペンでいらしたんですね
o( >ω<)o
私もファンになって以来5ツアーがありましたが、同じく遠征は一切しないで黙々と一人で関東会場に通うぼっちペンです(笑)一人は気楽でいいですよね!

こんな風に同じものを好きな人とコミュニケーションを取るとやっぱり楽しいですから、またよろしければ遊びにいらしてください!
私はこんな(どんな?)ですが、絡んで頂けたら嬉しいです♡

2016-05-23 Mon 16:03 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
こんばんは(♡ >ω< ♡)
あぁ〜(●´艸`)ムフフ
お久しぶりのリアルホミン(♡ >ω< ♡)
マジっすか〜♡マジっすか〜♡
リアルに思えるお話し(;◔ิд◔ิ) ドキドキ・・・
すみをさん♡グッジョブ‼︎

あぁ〜、早く2人のライブ行きたいなぁ〜(*˘︶˘*).。.:*♡
2016-05-23 Mon 21:36 | URL | カプリコ #- [内容変更]
Re: カプリコ様
わーい♡
こちらにもコメントを頂き、どうもありがとうございましたo( >ω<)o

自分の記憶の中では、まだこの時は二人に♡♡な事はなかったと位置づけていたんですが...(←評論家かよぉ!!)あの曲に合わせてみたら、何だか自分でも「うひょー!」という感じで書けて...ちょっと嬉しかったです(*´艸`*)

若い頃も可愛いマンネに振り回されてたユノヒョンもいいわぁって思いました(≧∇≦)

ライブってやっぱり独特ですよね!
席云々を置いてでも、同じ空間に居るんだと思うだけで何とも言えない充実感を感じます٩(>ω<*)و
2016-05-23 Mon 21:58 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
祝♡拍手50000万回♡
ゆんちゃすみさんこんばんは( *´艸`)
漸く辿り着きました(;-ω-)ゞ昨夜のワインが予想以上にどっしりと身体に残っていたので、日中は黙々と仕事をして気を散らしてました〜

でもでも!どうしてもコメントしたかったんです・゚・(。>Д<。)・゚・
だって、これはリアル設定且つ、5人時代の2人なんですもんね!!
まだあの幼さの残るチャンミンの上目遣い……あれ程の凶器はありませんよね。
一発で仕留める程の殺傷力がありましたもの!
それを使われてはユノも成す術もないわけで〜(〃艸〃)ムフッ
コロッと堕ちちゃいますよね♡

で!私の一番の萌えキュンポイントだったのが!!ここ↓↓↓

『見つめるチャンミンの頬を親指で撫で…俺はその唇に吸い寄せられた』

くはーぁ///ヤラレタヨ本当に……(T-T)人(T-T)

私も思わず唇を尖らせてしまいました(笑)
尖らせても誰もそれに吸い付いてはくれませんけどね〜(*/∀\*)イヤン

ゆんちゃすみさん!リアル設定いいです\(//∇//)\もっと書いて〜〜♡
貴女様にしか書けない元メンとの絡みでも私は全然オッケーです(笑)!
2016-05-23 Mon 22:42 | URL | あゆ #- [内容変更]
オーマイガッ!
あぁ〜ん!失敗、、、

上のコメントのタイトルがぁぁぁ!
50000回でいいのに、万を入れてしまった・゚・(。>Д<。)・゚・
おっちょこちょいですみません///
2016-05-23 Mon 22:44 | URL | あゆ #- [内容変更]
Re: あゆ様
おはようございます
コメントありがとうございます(o^^o)
醸造酒は身体から抜けにくいんですよね。私も前はすごくワイン好きだったんですが、ひどい二日酔いになってそれ以来蒸留酒にしています

私があゆさんのところに通うようになってもうすぐ一年なんだな〜としみじみ思っています
あの時私も書いてみたいなァーと身の程知らずに思ってスタートさせたこのブログでしたが、いつの間にかこんな数の拍手を頂戴していたなんて...信じられません(TT)

本当にありがたいですし、今でもいいのかなぁ...と思ってしまいます

あの頃のチャンミンの上目遣いは凶器でしたよね!!バンビのくせに!!虎をも一発で仕留める恐ろしさ!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ヒョンより背が高くなった今でも、必殺技を繰り出すチャンミンに脱帽です٩(>ω<*)و

あゆさんにそんな褒めて貰ってすごく嬉しいです
豚もおだてりゃ木に登るっていうくらいですから、頑張って登りますね!ユ〇さん引っ張りながら( *´艸`)
2016-05-24 Tue 06:12 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-05-28 Sat 00:34 | | # [内容変更]
Re: サ**様
こんにちはァ
うほー来てくださったんですね!
ゲへへ...ありがとうございます٩(>ω<*)و

いやあ...私、自分のWITH初日までセトリを見ないようにしていたんですね。そして「NO」が来た時のあの鳥肌!!忘れられません(><。)
すごく好きなんですよぉ〜だからリアル設定の二人に当てはめてみたんです♡
自分で書きながら自分でニヤけるという非常に気持ち悪い状況でありました(笑)

この頃はきっとまだまだチャンミンも子供じみていて、ちょっとしたことでナーバスになったりして...その都度リーダー様が「何があった?話してみて?」とか言っちゃってたんじゃないかなーと思っています(//∇//)

いやいや...リアル設定は勇気がいりますね。あくまでも私の妄想でも皆さんリアルに当てはめてご覧になると思うので二人の雰囲気をうまく書けるか不安になります

でもサ**さんの励ましで!勇気百倍o( >ω<)o
機会があればチャレンジしてみますね!
2016-05-28 Sat 15:13 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |