FC2ブログ
耽溺 第2章 ~密事 特別篇 後~
2016-05-20 Fri 18:00


このお話はフィクションです
BL表現を含みます
ご注意ください





side MAX



僕の足は自然にユノの元に向かった



シンプルな黒のピンストライプ地のスーツを身に纏い、華やかな場所に合わせたようにシルバーのラメが入ったネクタイを締めているユノ



その前に座るACEはユノと対照的な真っ赤なロングジャケットを着ていて



黒と赤との美しい色のコントラストが、このカウンターバーを一枚の絵のようにさせていた



キュヒョンに散々釘を刺されたけど
もう僕も我慢の限界だ



僕よりずっと年下のACEにヤキモチやくのもみっともないって思うけど…ユノの隣に居ていいのは僕だけだから



ユノの腕を掴んで嬉しそうにぶんぶん振るACEの背後から近づいて、じっとユノを見つめる



ユノが僕を見た
最初僕ににこっとした後、ふと考えるような表情になって…最後は何だか一人で納得したように大きく頷いた



ユノのそんな表情の移り変わりが何だったのか、僕にはちっともわからなかったけれど



とにかく「ACEよ、僕のユノの腕を離せ」と言うために近づいたその瞬間、僕はいきなりユノにグッと引き寄せられた



『ごめんな、ACE。俺は…こいつのものだから』



ユノから発せられた一言に飛び上がった
これじゃACEに僕たちの仲を宣言したみたいじゃないか…バレたらどうするんだよ



ACEは普段は天然っぽい雰囲気だけれど、咄嗟に自分のキャラを生かしてユノをかばうような鋭さを持ってるから絶対に気づくと思った



案の定、大きな蒼い瞳をクルクル動かして何やら答えに行き着いたらしく、僕に向かってにっこり微笑む



〈チャンミン先輩!僕まだまだあなたの背中は遠くて、でももっとモデル頑張って背中が見えたらもう一度ユノヒョンにチャレンジ!〉



やっぱり気づいたし……
それに!!やっぱりユノにアタックする気だったんじゃないか!!!うわぁぁぁ!



僕の頭は急な事にパニックになる
バレた!ユノのこと好きだったんだ!ヤバイ!
同じ言葉が頭の中で駆け巡る



それなのに当のユノは
なぜか余裕めいてドンと構えている
挙げ句の果てには



『俺は自然体で行きたい。これからもずっとおまえのそばにいるんだから。だからさ…おまえも、もう無理はすんじゃねーぞ』



なんて、僕が乙女じゃなくてもクラクラするくらいカッコいい事をサラッと言って…もうほんと、この人のズルさにやられっぱなしだ



僕たちの恋は密事だけれど
決して悪い事をしているわけじゃない
そうだね、ユノ…僕も自然体であなたに全てを任せるよ



そんな決意をして、愛しい人の首に腕を絡めた






一階のレストランから僕の泊まるセミスイートまでの距離が、ソウルから済州島までのそれよりもずっと遠く思える



カードキーでドアを開け
扉が閉まる寸前から抱き合う僕たち



ユノからの性急なキスは、初めから蕩けるくらいの熱さで



僕は彼の勢いのまま廊下の壁に押し付けられた



両手をしっかり掴まれたまま壁に拘束された僕は
熱すぎるユノの舌で口腔内をも支配される



彼の逞しい太ももが
僕の中心で彼を求め始めていたそれを下から撫でるように刺激してきて



僕の目の前がチカチカした



最後の衣装を着た直後と同じように
ユノは自らが着せたジャケットのボタンを外し、僕のネクタイを強引に引っ張る



引っ張られたことで緩まっているのに
そのネクタイはまるで彼の意思が乗り移ったように僕を縛り上げてくるんだ



はだけた僕の胸を這う彼の指
すごくそばにいたのに、触れられるのは衣装を着せてくれる時のこの指だけだった



今はその指が嫌というくらいに
胸だけでなく僕の頬や首筋、そして腰を撫で上げてくる



たったそれだけで
それだけで愛しい人を待ち構える僕の場所が疼くんだ



互いの体を愛撫しながら廊下の壁を伝い動き
僕はようやく辿り着いたリビングのテーブルに押し倒される



『チャンミン…』



ユノが僕を呼んでくれるその声もまた
僕の身体の中心と奥をじわじわと熱くしてきて



ユノのそれが欲しいんだ
そうせがんでしまう様に腰を揺らした



『悪りぃ…俺…もう余裕ねぇ…』



ユノが呻くように言った後
僕はテーブルに片足を乗せられて貫かれた



彼の頭を抱えて僕はその激しい熱さに耐える



「…あぁ…ユノ…」



僕自身も余裕なんか全然なくて
やっとの思いで愛しい人の名を呼ぶ



僕の中で愛を伝えるそれが、ぐっと強さを増した気がした



テーブルに乗せられた足はいつの間にかユノの手に抱え込まれて今度は僕自身がテーブルに乗せられる



ユノの全てが熱いから
硬くて痛いはずのテーブルがむしろ冷たくて心地よい



僕の嫉妬も
ユノの嫉妬も全て
この済州島で捨てていこう



僕はあなたを絶対に離さない
そんな気持ちを込めて、彼の腰を両足で拘束した



僕のそれから溢れる雫が
お互いの身体の間で溶け出している感じがする



抽挿のスピードが緩やかになり、ユノの美しい指が互いの身体の隙間に侵入して僕のそれをしなやかに包み込む



彼の愛が指から伝わってきて
程なく僕を高みまで追いつめた…






息が整うまでの時間
ユノは僕の顔を何度も何度も撫でてくれて
この人に愛された余韻を満喫する



「…ユノ、僕たちさ…余裕ないね」



撫でてもらったお礼代わりのキスを彼の鼻に贈る



『ごめんな…ほんと余裕ねぇ…』



そこが硬いテーブルだった事に今更気付いたユノが慌てて僕を抱き起こし、そのまま抱えてソファーに移動する



『こんな広い部屋だってのに…何も一番痛そうなとこでさ…ほんとゴメン』



「…ふふ…僕も我慢出来なかったから。いいんだ」



そう言ってユノに抱きついた



ユノは僕を抱きとめた後、心配そうに背中をさすってくれる



窓に映る僕を見たユノが、僕の身体の向きを変えた



『チャンミン、背中赤くなってるよ…ごめんな。俺のせいだから俺が治してあげなきゃ…』



ごめん、って言ってたくせに…



ユノは僕の背中に舌を這わせて
さっきよりはまだマシなソファーで、再び僕を抱いた



ねぇ…ユノ…
僕たちさ



いったいいつになったらベッドに辿り着けるんだろうね



でもいいんだ
僕も
そんな余裕がないから



余裕が出来るのはいつになるかな
ねぇユノ
ずっと余裕がなくてもいいかな?



それくらいあなたを愛してるよ…






MAXとユノさんの済州島の夜でした



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



拍手コメントの御礼

ち***様
最後までお付き合い下さり本当にありがとうございました♡そしていつも嬉しいお言葉も頂戴し、とても励みになりました
更には...テ〇ンもといACEのファンになって下さって最高に嬉しいです٩(>ω<*)و
お母様と一緒に祝っていただけて、すごく光栄でした。これからもどうぞよろしくお願い致します


クー**様
はじめまして♡
最後までお付き合い下さりどうもありがとうございました
クー**様の素直なお気持ちが伝わって、目の奥が熱くなりました...すごく嬉しいです
これからもお時間がございましたら遊びにいらしてくださいね(∩´∀`∩)*゜




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 密事 | コメント:12 | ∧top | under∨
<<眷恋 (前篇) | TVXQ 〜Vertigo〜 | 耽溺 第2章 ~密事 特別篇 前~>>
この記事のコメント
(# `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ
あ…また火噴いちゃった(ノ≧ڡ≦)てへぺろ
ありをも熱くなっちってきたわぁε=( ̄。 ̄;)ヒヲフイタカラダヨ!

くみをの熱烈な希望を叶えて濡れ場を書いてくれた優しいすみを♡
∑('◇'*)エェッ!?
ありをも期待してたって⁉
チャウ(・_・ 三・_・)チャウ
ありをはすみをと一緒で清純だからぁ(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪

一階のレストランからセミスイートまでの距離も遠かったけど、入口のドアからベッドまでも、だいぶ遠そうね(〃艸〃)ムフッ
ユノ絶倫だからぁ(〃艸〃)ムフッ

テーブルで背中が赤くなっちゃって、次はソファーで膝が赤くなっちゃって、唇も吸い過ぎて赤く膨れちゃって(〃д〃)きゃ~♪
ココカイ?(((*´Д)ノ*ノ▽ノ)ア、ダメ・・・
(# `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ
2016-05-20 Fri 18:26 | URL | Ali #- [内容変更]
No title
ゆんちゃすみさんこんばんは( *´艸`)

おほほほほ♡
相変わらず美しいエロを描きますね♡

でも、私はその前の
『黒と赤との美しい色のコントラストが、このカウンターバーを一枚の絵のようにさせていた』
が、なんだか好きで好きで///
何度も読み直しちゃいました(*ノ∀ノ)てへ。

ホテルで縺れ込みのエッチ(笑)ふはふはふは♡

↑なんだかんだ言ってるありをとくみをの為にお疲れ様でした!!

本当、優しいね!すみをは!!٩(๑>∀<๑)۶わーい
2016-05-20 Fri 21:13 | URL | あゆ #- [内容変更]
ベッドまで辿りつけません(・:゚д゚:・)ハァハァ
○┓○┓○┓こんばんは〜
誰かさんと誰かさんとお喋りしてたら
更新時間忘れてたし………( ̄∀ ̄;)

ゆんちゃすみさん 今回はあたしの我儘で
お話追加までして頂いて くみを嬉しいよー*。・+(人*´∀`)+・。*٩(๑>∀<๑)و♡

MAXなんか レストランから自分の部屋の
スイートルームまでがソウルから済州島まで
遠く感じるなんて!!((´∀`))ケラケラ
もぉ〜 二人の気持が盛り上がって
部屋までの道程が 長くながーく
感じたんだね(♡ˊ艸ˋ)むふッッッ♬*
部屋に入るなりユノさんからの
早急なキス💋で ベッドまで
待てませんでしたわ( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!
立派なスイートルームだって言うのに
まさかのテーブルの上であんな事を!!(゚A゚;)ゴクリ(´⊙д⊙`)(´⊙д⊙`)
MAXは ユノが熱いから
冷たくて調度いいらしいよ💕💕(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
やっと冷たくて硬いテーブルの上で
抱いちゃってMAXの背中を心配しながら
またまた ベッドまで待てず
次はソファーで(b´∀`)ネッ!😍😍😍
いや〜ん❀.(*´▽`*)❀.こんな
雄雄♂しいユノさん!余裕のない
超絶セクシーなユノさんが
くみをたったまらん(゚┏Д┓゚;)ぶーっ♡♡♡♡
なかなか
ベッドまで辿りつけません!!wwwwww(笑)
スイートルームの広いベッドを
せっかくだから使って(≧∇≦)
あっ 夜中も朝からも 使うか( ✧Д✧) カッ!!

あーー2人のいちゃこらが見れてくみを
感無量だわ。:+((*´艸`))+:。★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
すみを ありがとうね♥♥♥
何だかんだ 優しいのよね!すみをは♡(๑¯ ³¯๑)
浮気者ってとこを除けば
ほんと(*´・д・)(・д・`*)ネー (*´・д・)(・д・`*)ネー
スタポ師匠にヒントを得て無事に
チャンミンのレシピを
ゲット出来て 本当に今日仕事中
テンション上がったからきゃあ( ●≧艸≦)
思わずガッツポーズ(ง •̀_•́)งに 相棒
びっくりしてたからねっ( ̄∀ ̄;)
本当に すみをは最高よ♡(๑¯ ³¯๑)
すみを サランヘ💖
2016-05-20 Fri 21:26 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
Re: Ali様
おはようございます
コメントありがとうございます(o^∀^o)

そりゃあね...火を吐いたらアッツアツでしょう(笑)
きっと済州島の二人も火を吐きまくってアツアツだったでしょうね!Σ(・ω・ノ)ノえっ!吐くのは違う物ですって?

すみをわかんなーい( ´△`)
ありをだって清純派でしょう?ほら、私達って誤解されやすいじゃな〜い?(。-∀-)

最終回間際の仲直りシーンでは全くラブシーンを書く予定がなかったので、焦りながら仕上げました

最後のカットで着た衣装のようにユノさんに服を着崩されて襲われたMAXさんでした♡

楽しんで頂けたら良かったです(´∀`*)
2016-05-21 Sat 05:34 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: あゆ様
おはようございます
コメントありがとうございます(o^^o)

焦りました、本当に(;´Д`)
でもパーティー会場での三者のやり取りをMAXサイドから書きたかったので良かったです

私もあゆさんが好きだとおっしゃってくださった所がすごくお気に入りです♡ACEの衣装は昨日お見せしたものをイメージしましたが、ソロで赤い衣装を着て出てきた瞬間は絶叫しちゃいました(//∇//)

......Σ(゚д゚lll)えっ?
ACEでしょ?!モデルさんよね?
ソロの衣装?!

...あらやだ!!
私ったら勘違いしてる〜(∀`*ゞ)テヘッ
疲れてるんだわぁぁぁ〜
2016-05-21 Sat 05:41 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
おはようございます
コメントありがとうございますヽ(*^^*)ノ

わーい♡喜んでいただけたら良かったです
焦りながらも頑張って書いたんですよ〜٩(>ω<*)و

でもあゆさんにもお話したとおり、MAXサイドからの3人を書きたかったので、くみちゃんさんが良いきっかけを与えてくださって良かったと思います(o^^o)

濃厚なものではありませんでしたが、それまでのすれ違いを埋めるように愛しい恋人を求め合う二人にしてみました
テーブルの上でなんてねぇ〜♡o( >ω<)o

綺麗な二人ですから、高そうな大理石のテーブルで縺れ合うシーンなんて映画みたいでしょうね!( ´△`)アァ-見たい!!

チャンミンが潤んだ目でユノを見上げちゃって、ユノがあの手でチャンミンの頬を撫でたり...( ゚∀゚)・∵ブハッ!!
イヤーン素敵♡♡

誕生日のお祝いをしていただきウキウキしつつ、テ〇ンに溺れまくってデヘデヘしつつ、東方神起さんの好物を黙々と作ってた私でした

皆さんに教えてあげなくちゃ!という妙な使命感がありましたからね(´∀`*)

でも燃え尽きました...(TT)

2016-05-21 Sat 05:56 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-05-21 Sat 12:59 | | # [内容変更]
Re: ユ****様
こんにちは!
いつもコメントありがとうございます(o^^o)

ユ****さんのコメントを読みながら...今度は私がうひょ〜という感じでニヤついちゃいましたo( >ω<)o

頬ずり!!あんでー((((;゚Д゚))))
私達確実にチャンミンに殴る蹴るの襲撃を受けますってば!!
Σ≡≡≡≡≡ヘ(; >д<)ノ ニゲロ~!!

はぁ...みんなのぉ〜ユノです♡かぁ...
会いたいですね・゚・(。>д<。)・゚・
ここのコメント欄でも書いているように、私は弱虫なので寂しさから現実逃避するべく逃げ道を作ってるんですけれど...
ふとした時に脳裏によぎり、涙ぐんじゃう時があります
いい年して...って思うんですけれど、彼の魅力って自分達の年齢問わず乙女のようなハートにさせられちゃうんですよね...(๑*д*๑)

私が悩んで失った自信は、ユ****さんのように私のお話を読んで下さる優しい読者様のお言葉で、すごく励まして助けて頂きました(TT)

本当にありがとうございます♡
2016-05-21 Sat 17:49 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
こんにちは♡
ホテルの部屋までの距離を済州島からソウルにたとえるなんてステキ〜(♡ >ω< ♡)
ドアが閉まる前にもー待てませーん‼︎状態で絡み合う2人が目に浮かぶわ〜(●´艸`)ムフフ
あ〜、熱い済州島…2人にあてられて噴火しそうね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
いつまでも余裕なくあつ〜い2人でいてね〜(♡ >ω< ♡)

ステキでうっつくしいエロをありがとうごじゃいますぅ〜♡♡

次、読んでこよ〜(●´艸`)ムフフ
2016-05-23 Mon 16:33 | URL | カプリコ #- [内容変更]
Re: カプリコ様
こんばんはぁ♡
コメントありがとうございます(∩´∀`∩)*゜

えへへ〜
褒めて貰っちゃった!嬉しいです!
二人のラブラブなシーンを書く時は、すごくエネルギーを使います...きれいさは絶対譲れないし...かと言って、過激過ぎても自分で嫌で...(><。)
才能に乏しく、なかなか思うようにはいかないんですけどね(TT)

Aliさんの作品を使わさせて頂いているので、その雰囲気を汚す事だけは絶対しないよう心がけています♡

実際のAliさんがピーな物とかピーなやつとか愛読しているとか...そういうところは突っ込まないでおきますネ(。-∀-)
2016-05-23 Mon 21:46 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-15 Mon 20:44 | | # [内容変更]
Re: ユノサラン様
おはようございます(*´▽`*)ノ))
コメントありがとうございます♡

そうなんですよ(((^^;)
このお話でACEとしてこっそり出してからの縁結でテミンくん満を持しての登場でした(笑)

基本的に作者が好きなので、二人を邪魔する様な事はさせませんよぉ(´>∀<`)ゝトンはあくまでもトンでラブラブでいなくちゃ困りますもの〜♡

自分でこのようなお話を書き始める前は私も色々な方のお話を読んでおりましたが、どちらかというとチャンミンがユノのお世話係っていうスタイルが多いですよね(リアルでもそうだと思います)

でもここのユノさんは、MAXにメロメロなので実に甲斐甲斐しいんです( *´艸`)
パンツもはかせてましたよね(笑)
2016-08-17 Wed 06:14 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |