FC2ブログ
耽溺 第2章 ~密事 12~
2016-03-29 Tue 18:00


二人のキャラが若干崩壊しています
R18表現を含みます
ご注意ください





今はただ



目の前の愛おしい男だけを見ていよう



見えない過去に嫉妬したところで
今すぐその気持ちを完全に打ち消す事は出来ないのだから



抱いて、と望んだこの男の想いに応えよう



なんだかんだ調べたとはいえ
そのマニュアルが全てだってことはない



MAXへの想いを
自分の唇と自分の指に乗せて
俺なりの愛し方で愛そうと思った



彼の胸で控えめに存在を主張する突起を
まずは愛おしむ



「…んっ…」



MAXの口から漏れる
吐息のようなささやかな喘ぎ



それを恥ずかしく思うのか、彼は手の甲で自分の口を塞ぐんだ



『ダメ。おまえの声を聞かせて?』



俺は身体を起こし、MAXの腕を頭の上でひとまとめにした



CMで聞こえる彼の低めの声…
ドラマで聞こえる彼の感情のこもった声…



人口五千万人のこの国で
芸能人であるおまえの声を聞く人はたくさんいるけれど



おまえのその声を聞くのは、もう俺だけだ
俺だけに聞かせて欲しいんだ



再び胸の中でチリチリとし始める感情を持て余し
俺はもう片方の手を、MAXの身体に這わせてゆく



胸で控えめに存在を主張していた突起とは反対に
彼の中心で熱くなっているものが、俺に存在を激しく主張していた



意地悪かもしれない



そう思ったんだけど



胸の中でチリチリしている感情が
俺の手をそのものに直接触れさせず、スッとかすめただけで太ももに下ろさせた



ワザとそこを外して周囲に手を這わせる俺



唇を甘噛みしながらMAXを見やると
眉を下げ切なそうに訴えかける



「……ん、も……なんで……」



そんな顔も
俺だけに見せてくれ



他の誰にも見せるな…



そんな想いを込めて、噛み付くようにキスをする
彼の中心で勢いを増し続けているそれをようやく手で包み込んだ



ゆっくりと
時にきつく手を動かして
絡めあう舌とともにMAXを愛撫する



先端から少しずつ濡れてくるそれは
耳から隠微な刺激を与えるだけでなく俺の指をも潤わせ



彼の腕を拘束していた方の手に場所を譲り
潤った指はその後ろの小さな窪みに移動する



激しく絡めていたキスを止めて
愛おしい男の顔の形をインプットするように
キスを落としてゆく



そのキスの合間に
彼の力が抜けたタイミングに合わせ指を埋め込んで、少しずつ探るように動かす



深く息をはいたMAX
やっぱり違和感を感じるんだと思う



その違和感を忘れさせようと
俺はもう一度、深いキスを贈った



この間はただ勢いに任せてだったけど
今度は愛おしい人のひとつひとつの反応を見守る余裕があって



ただ眉間にしわを寄せて、深呼吸を繰り返していた彼が少しずつ頬を染めて呼吸に甘い声が混じり始めたのが分かり



俺の動きが彼をそうさせているのだと感じて
一気に頭と下半身が熱くなった



人工の潤いに助けを借りて
少しずつ俺自身の昂りを彼の中へ沈めてゆく



全てを沈めたあと
俺はMAXをぎゅっと抱きしめた



動くことで直接的に与えられる快楽ではなく
愛おしい人の中に自分がいる事を精神的に堪能したかったから



MAXも、同じ気持ちでいてくれたのか
眉を下げて薄っすらと涙を浮かべながら



「ユノ……うれし……」



と、俺の背中にしっかりと腕を回して言った



性的な快楽よりも
精神的な充実感を覚える



あんなカッコいい姿をCMで見せて
周りで見ていた女の子が〈超ステキ!〉と言っていたその対象が



俺の愛撫に身体をくねらせ、甘い息を溢し
そしてその身体で俺を受け入れている



この前よりもずっと、MAXは俺のものだという意識が強く働いた



「ユノ……?」



身体を繋げているのに一向に動かない俺を心配したのか、MAXが俺の頬を撫でる



「…良くない?…」



そう言って伏し目がちになり
さらに目を潤ませるMAX



『バカ……何言ってんだよ……』



こんな顔をされて、こんなことを言われて
MAXが好きすぎてどうにかなりそうだ、俺



ごめん
もう、俺



おまえのこと
壊しちゃうかもしれない



好きだ
チャンミンが好きだ



MAXが俺の動きに合わせて
絶対誰にも聞かせたくない俺だけの声で啼き続けけたのは



その後すぐの事だった





ランキングに参加しております
ポチッと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 密事 | コメント:8 | ∧top | under∨
<<耽溺 第2章 ~密事 13~ | TVXQ 〜Vertigo〜 | 耽溺 第2章 ~密事 11~>>
この記事のコメント
あたしにも聞かせて〜( ✧Д✧) カッ!!
チャンミンの声あたしにも聞かせて〜( ✧Д✧) カッ!!
カモンщ(゚д゚щ)カモーン(;゚(OO)゚)ブヒイイイィィ-

こんな所でぼやぼやしてる暇はないわ( ✧Д✧) カッ!!
チャンミンがあの低い声で
啼いてるのよっ❢❢(゚┏Д┓゚;)びでぶっ💦💦
はっ鼻血(゚┏Д┓゚;)が止まらないわ💦💦
しっかし MAXのマンションは
セキュリティも万全だし どこから
入れば良いのよ!!(; ・`д・´) (`・д´・ ;)
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
ありを どうする?早くしないと
チャンミンの啼いてる声 聴けなくなるわよ!!

ユノさんも 嫉妬なんかしなくても
MAXは 貴方にメロメロパンチよ🍈。:+((*´艸`))+:。
余裕なんか ないもんね♡(๑¯ ³¯๑)

ゆんちゃすみさん 今日は
リアルチャンミン情報ありがとう♡(๑¯ ³¯๑)
金髪の若い子に魂を抜かれても
仕事はちゃんとこなす貴方が好きだわ((´∀`))ケラケラ
あの Hello Babyシリーズ 少女時代の奴は
よく見てたわ(๑•̀ㅂ•́)و✧
後でゆっくり見るからね♡って
なんだかんだしねえを見せられて
洗脳されてねぇか?……あたし……(¯―¯٥)
2016-03-29 Tue 19:08 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
こんばんは(♡ >ω< ♡)
きゃ〜♡♡ヨダレがでます(*´﹃`*)
Maxのこえ〜(//∇//)

ユノさん余裕だわね(●´艸`)ムフフ いっぱいあの…声を聞きながらMaxとの快楽に落ちていってね〜♡(๑¯ ³¯๑)

今日はお久しぶりに動くチャンミンに会えましたね(♡ >ω< ♡)嬉しっ♡
2016-03-29 Tue 19:41 | URL | カプリコ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
こんばんは
コメント(*´∀人)ありがとうございます♪

しょうがないなぁ〜
すみを優しいからぁ〜
くみをもMAXの家に忍び込ませてあげるわ!!
なんといっても私はTST部潜入の名人、炎のカリスマゆんちゃすみなのよォォ(/ー▽ー)/フフフ、、、

ちょっと最近若いツバメにうつつを抜かして、活動休止してるんだけれどぉ〜腕は鈍っていないはずよ!
まずはこの排気口から陸軍御用達の暗視用ゴーグルつけて潜入を開始するわ!

あああ!くみをったら!MAX会うからって今こんな所でマスクパックなんかしないでよ!!見てもらえるわけじゃないっつーのに...って誰かさんみたいじゃない(。-∀-)

今日はイベントの予定だったから〜
ちゃんとすみをはシムさん捕獲に向けて準備万端に待ち構えていたのよ!私の大事な仲間のためにね!

それなのに誰よ!私が金髪天使に魂抜かれてるっていうのは!

(¬_¬)(^∀^::)ハハハ....バレてたわね
2016-03-29 Tue 20:42 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: カプリコ様
こんばんは
コメントありがとうございます(´∀`*)

あああ〜!
カプリコさんっ!ヨダレが滝のようにぃ〜
この布切れで拭いてください!!って
!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?
これは......MAXの脱いだパンツ?!
きゃァァ(*/ω\*)

ってみんなして覗いてるんかーい!

MAXのアノ声もバッチリ録音してみんなに売りつけましょう(。-∀-)
2016-03-29 Tue 21:09 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
ウソ━━━Σ(゚Д゚。)ノノ━━━ン!!!?
リアルチャンミンに現を抜かしてる間にMAX喘いじゃってるしゃないのー‼
って思うでしょぉ?
実は(¬w¬*)ウププ
覚えてない?
屈強なボディーガードが運んでた大きい荷物♡
その中に入って、とっくの昔にクローゼットに潜入済みよっ( ー`дー´)キリッ
部屋に響いたMAXの声と恥ずかしい水音はバッチリ録音済みよ‼
クローゼットの床は鼻血とヨダレで大変な事になっちゃったけど、この際仕方ないからほったらかして2人が眠った隙に逃げるわε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは
2016-03-29 Tue 22:16 | URL | Ali #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-03-29 Tue 22:43 | | # [内容変更]
Re: Ali様
おはようございます
コメントありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ

嘘っ(๑°ㅁ°๑)‼さすがありをだわ...
私、ありをを見くびっていたみたい
しかも声だけでなく、水音ってあなた...Σ(|||▽||| )
生々しいんですけれども!!

全く...黙ってたら素敵な奥様という雰囲気のありをなのに、頭の中がこんなド変態だなんて(。-∀-)
ご近所さんが知ったらびっくり仰天だわぁ

って
おかしいわね、私の中でありをは純なレディのはずなんだけど...もしかしてエロ界の最強様だったりする?!(๑°ㅁ°๑)‼
2016-03-30 Wed 05:31 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: ユ****様
おはようございます
コメントありがとうございます(´∀`*)

そうなんですよね
好きになればなるほど、不安にかられやけに焦る気持ちになり...どんどん欲が出ていくっていうか

このお話の元になりました「耽溺」ではとにかくユノさんの事が大好きなMAXが思いをぶつけまくるという感じだったのですが、思いが通った後は逆にMAXに夢中になって思いが錯綜するユノさんを描きたいと思っておりました


昔は、ただただ可愛いだけだったチャンミンなのに...本当に男っぷりがあがって
それなのにユノが隣に居ると、急に元通りの甘えん坊チャンミンに戻ってしまう、そんなギャップという新しい魅力が生まれた気がします

ふたりが並ぶ姿を見られるのはまだまだ先ですね
でも、去年の今頃がWITHツアーだったんだと思うと案外あっという間に過ぎてしまう気もします
2016-03-30 Wed 05:44 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |