FC2ブログ
情火《特別篇-3-》
2016-02-20 Sat 18:00


このお話はフィクションです

軍隊、及び軍内部につきましては実在の物とは一切関係ありません。ご了承ください

CPはミンホです
性的表現を含みます
ご注意ください




side C



ボーダーのカットソーに紺色のハーフパンツを着てリビングに入る



私が来る時間を見計らって準備を滞りなく進めてくれたヘオクさんは、さすがだと思った



クーラーが程よく効いたリビングはすぐ食事が出来るようになっていて、私の好きなシャンパンもテーブルの上で冷やされていた



テーブルの上にもオレンジ色の薔薇が活けられていたのは、やはりヘオクさんのロマンチックな気配りだろうか



扉が開いた音がして振り返る
見慣れていた迷彩柄の通常勤務服ではない、普段着を着た彼を初めて見た



いつかパソコンで調べた時に、たくさん出てきた画像を思い出す



少し伸びかけた坊主頭だというだけで
私服姿の彼はただのシンプルなシャツ姿でも、華やかな世界で生きている俳優チョン・ユンホそのもので



自分の知らない、恋人の本当の姿を見た気持ちになり、少しだけ寂しさを覚えた



私は思わず俯いてしまい、自分の気持ちを隠そうとテーブルに着くため彼に背を向ける



『シム准将…なぜ俺の目を見てくれないんですか』



チョン訓練兵に後ろからいきなり抱きしめられた
離そうとしても、彼の腕は余計にきつくなる



『俺にも准将の普段の顔を見せてください。今までずっと、堅い軍服姿しか見られなかったんだから…普段のシム准将が見たいんです』



彼はそう言って、私を無理矢理振り向かせる
服を着ているのに、裸を見られているくらい恥ずかしい



軍人ではない自分の姿を
こうして誰かに見せるのは初めてだから…



『シム准将……』


「何だ、そんな顔で見るな。いいから座るぞ、せっかくの夕食が冷めてしまう」



相変わらず熱の籠った声で私に囁きかけるチョン訓練兵から離れようとして、内側から足を払う



彼の知らない護身術を使って、馬鹿力からようやく逃れた



どうもいけない
彼と居ると、自分のいつものペースが保てないのはなぜか?



私は准将だ…あいつはただの訓練兵だというのに



恋人だからなのか?
それとも私が恋に疎いウブで、あいつが恋愛経験が豊富だからなのか?



癪に触る…



イライラを払拭するべく、冷えたシャンパンの栓を抜く。私の好みを知り尽くしたヘオクさんの最適なチョイスに、少しだけイライラが落ち着いた



私にならい席に着いた彼にもシャンパンを注いでやる



「基礎訓練修了おめでとう。来週からいよいよチョン二等兵だな。儀仗隊でしごいてやるから覚悟しておけ」



精一杯優位に立とうと思い、そう言って杯を掲げる



チョン訓練兵はその杯に自分のグラスを合わせて



『ありがとうございます。あなたの職権乱用によって連れて行かれるのですから…精一杯俺を可愛がってください、准将』



……全然優位に立てないし、この男も全く可愛げがない



私という男が、完全に彼のペースに飲み込まれていく様が急に可笑しく思えてきて



素直になろう…そう思った



久しぶりに食べるヘオクさんの料理に舌鼓をうつ
美食に慣れているであろうチョン訓練兵も、美味しいと絶賛している



料理を作ったヘオクさんの話から私の幼い頃の話になり、さらには彼の芸能界での話を聞いたりして食事の時間は楽しく過ぎていった



夜も更けて
私は後片付けをするから先に入れと、彼をバスルームに押しやる



私はキッチンで片付けをしながら、たった数週間で起きた彼との記憶を辿ってゆく



訓練所の射撃場で銃を撃たせた後に彼を抱き
汗だくになってグラウンドを走る訓練兵達を見下ろしながら、訓練兵の居室で抱いた



その後
チェスの勝負で敗れて、無念にも私が彼に抱かれるという初めての経験をしたのだが…次はあってはならない



あの男は、私のものだ
チョン・ユンホは、私が…シム・チャンミンが抱く



私がいくら恋に疎いウブだとしても
彼の未知の領域を開けたのは、この私なのだから



片付けを終えて、もう一杯シャンパンを呷ってからバスルームに行く



一気に服を脱ぎ捨てて、バスルームのドアを開けた



シャワーを浴びていたチョン訓練兵が驚いて『どうしたんですか?』と問いかける
頭を洗っていたのか、顔に滴る水滴が艶めかしい



「チョン訓練兵…跪け。いや、違うな」



彼の問いかけには答えず、続けた



「ユノ…昼間からずっと私を見ていたのは…私が欲しかったからではないのか?」



そう言って、チョン訓練兵を抱きしめた
彼を名前で呼ぶだけで、甘酸っぱい感覚に脳が麻痺してくる



チョン訓練兵は黙って頷いた
そして、ゆっくりと身体を落としていき私の分身を咥えた



私が彼に植えつけた禁断の快楽がどういうものだったのか…チョン訓練兵の行動が示している



私のものによって
もたらされるはずの快楽を望むが故に…



舌を使い、口で頬張り、指を美しく揃えて
私のものを一心に愛してくる



奉仕させているという気持ちは無い
それは決して慢心ではない



私の心にあるのは



この男に
こんなにも愛されているという思いだけだから





ランキングに参加しております
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 情火 | コメント:9 | ∧top | under∨
<<情火《特別篇-4-》 | TVXQ 〜Vertigo〜 | 情火《特別篇-2-》>>
この記事のコメント
3日連続1拍手👏Getだぜい
ふっふっふっ 1拍手👏👏Getだぜい(๑•̀ㅂ•́)و✧
🍚も作らず拍手👏狙ってるあたしって……( ̄∀ ̄;)
今からご飯作って後でコメントするね♡(๑¯ ³¯๑)
2016-02-20 Sat 18:03 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-02-20 Sat 18:34 | | # [内容変更]
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

必死で画像制作してる間に‼
本妻の座を、またもやくみをに奪還されてしまった(´;ω;`)ウッ…

いよいよ‼いよいよユノ訓令兵がっ‼
いや~ん♡挿れられちゃうー(〃ω〃)
シム准将‼二度目があってもいいじゃない♡
ダメなのぉ(´;ω;`)ウッ…
2016-02-20 Sat 20:20 | URL | Ali #- [内容変更]
バスルームから愛を込めて💕💕
やったわ(╭☞•́.̮•̀)╭☞ありをに勝ったわ( ✧Д✧) カッ!!
でも ゆんちゃすみさんのファンに
コメントで負けてるわ!!(´;ω;`)ウッ…
しかも ありをのシウミンタンクトップでは
ないだと??(; ̄^ ̄)(;゚ Д゚) …!?Why?

今日のシム准将初めて私服を見せた
ユンホさんに裸を見られた感じがするって
なんか可愛いな。:+((*´艸`))+:。
ちょっとずつちょっとずつ
シム准将が変わってきてるよね!ユンホさんの
せいで( ✧Д✧) カッ!!
ヘオクさんってお手伝いさんの鏡だわっ(๑•̀ㅂ•́)و✧
あたしも弟子になりたい!!シム准将の
好きな物とか子供の時のシム准将の
話を聞き出したいわ(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ‼

あっ ぼやぼやしてるうちに
二人がバスルームに消えて行ったわ(;画Д画)
ユンホさんがシャワー浴びてる所に
シム准将が裸で入ってーキタ━(゚∀゚)━!キタ━(゚∀゚)━!

ありを観念しなさい!!シム准将がユンホさんを
優しく抱くから❀.(*´▽`*)❀.
もう二人は恋人だから 甘いわよ(♡ˊ艸ˋ)むふッッッ♬*

ゆんちゃすみさん テミンちゃんアルバムの
ジャケ写 あれって ウケとた〇両方
表現してるよね( ✧Д✧) カッ!!
テミンちゃん 恐ろしい子((((;゚Д゚)))))))

2016-02-20 Sat 21:42 | URL | くみちゃん #- [内容変更]
No title
ゆんちゃすみさん!!

ど、動悸が、、、、ハァハァハァ…(*´д`*)ハァハァ
いやーーーーーーん♡素敵♡
2016-02-20 Sat 21:55 | URL | あゆ #- [内容変更]
Re: くみちゃん様
おはようございます
コメントありがとうございます(*´∀`)

一拍手GET、本当に嬉しいです♡
でも忙しい時間帯に縛り付けてしまっている様でなんだか申し訳ない気持ちになります...(><。)

はーい、お風呂にシム准将が突入致しましたァ!ユンホさん全裸で防戦するどころか、湯船に一緒にin〜(//∇//)
そういえば、シーズングリーディングの洋服を着たままバスタブinはいったい何を表現したかったンでしょう??

ムフフ...
くみちゃんさんがおっしゃった、洋服を着ているのに裸を見られた気分だというところは、シム准将が自分を生粋の軍人だという思いの象徴として入れました
ユンホさんに軍服を脱がされてゆく(素顔の自分になってゆく)というシム准将を表現したかったんです♡

ちょっと!!
テ〇ンになんてことを!!受けとタ〇だなんて!!すごい的確過ぎて...(*/ω\*)キャー!!
だからタンクトップシウミンが届くのよ(。-∀-)
2016-02-21 Sun 05:50 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: オ***様
おはようございます
コメントありがとうございます(*´∀`)

うわぁ、なんだかあまりに嬉しいお言葉を頂いてしまった感じで...すごく恐縮してしまいます
自分自身でもうまく表現できないのですが、オ***様に的確に表現して頂けて感激しました

至らない私ですが、型にはまったホミンホという感じではないふたりの愛を書きたかった(と申しましても、そんな大それたものではございませんが...)ので、オ***様のお言葉は本当に嬉しいです

硬い軍服に身も心も固められていたシム准将をユンホさんが少しずつ剥がしていっていますね
明日までお付き合いください♡

PS...お仕事頑張ってくださいね
トンペン本当に最高です!
2016-02-21 Sun 06:02 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: Ali様
おはようございます
コメントありがとうございます(´∀`*)

ちょっとォォ
Aliさんともあろうお方が!
挿れられちゃうの〜とか!!(゚д゚)
アンデー!!麗しきレディが何言っちゃってんのォォ

そんなことじゃあチャンミンに「明日に、続かないぞコラァ」って言われちゃうよぉ

きっと彼のことだから
「にじゅうよんえいちこすめ」って何回も練習したんだろうなぁ♡

ユノさんに「ぁん♡」も「にゃー!!」も言わせません大丈夫です٩(>ω<*)و
2016-02-21 Sun 06:07 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
Re: あゆ様
おはようございます
コメントありがとうございます(∩´∀`∩)*゜

やだやだ!!動悸だなんてそんな!!
一番若いっていうのに!!アンデー(><。)
いえね、やっぱりアラサーになった頃あたりに駅の階段を登ったあと、息を切るようになりましたよ、私も...

って何の話なんだっ( ノД`)

ユンホさんがシム准将に突入されます...♡
デュフ♡
2016-02-21 Sun 06:11 | URL | ゆんちゃすみ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |